科学ニュース+の新着記事http://2chnavi.net/board/board20/?threshold=0Fri, 10 Jul 2020 13:05:46 GMTPyRSS2Gen-1.1.0http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss【動物】奈良公園のシカが野生化?コロナで観光客が減って…http://science-soku.blog.jp/archives/82480857.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/10(金) 13:02:55.95 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 奈良公園の鹿が新型コロナウイルスによる観光客の減少で、餌を与えられる機会が減り、周辺の山で草を探すようになるなど、野生の状態に近づいていることが北海道大学などの調査でわかりました。グループでは、草をしっかり食べるようになって栄養状態がよくなり、出産の増加などにつながる可能性もあるとしています。 <br /> <br /> 調査を行ったのは北海道大学と保護団体の奈良の鹿愛護会のグループです。 <br /> <br /> グループでは新型コロナウイルスによる観光客の減少で、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」の行動に、どのような変化が出ているか調査しました。 <br /> <br /> ■餌もらえず草を探しに山へ? <br /> <br /> その結果、観光客が減る前のことし1月と比べ、先月は奈良公園の中心部にいる鹿の数が3割以上減っていました。人から餌を与えられる機会が減り、主食の草を周辺の山などで探す時間が増えたためと見られます。 <br /> <br />しっかり「反すう」可能に <br /> また、芝生に横たわるなどして休息している鹿は、1月の調査では全体の2割ほどでしたが、6月には6割に増えていました。観光客との接触が減ったためとみられ、休息の時間が長くなることでいったん飲み込んだ食べ物を再び口に戻す「反すう」を、しっかり行えるようになると考えられます。 <br /> <br /> 北海道大学の立澤史郎助教は「奈良公園の鹿が観光客の減少で野生の状態に近づいている。草をしっかり食べて反すうすることで、栄養状態がよくなり、赤ちゃんを多く産むようになる可能性もある。今後の影響を注視したい」と話しています。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/2/72342f08.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/2/72342f08-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/2/a/2a552eb9.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/2/a/2a552eb9-s.jpg"></a><br /><br /> NHKニュース <br /> <a target="_blank" href="https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012506741000.html">https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012506741000.html</a> </div><span style="font-size: 81.25%;"><br />引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594353775/<br /></span><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82480857.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82480857" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82480857.html【新型コロナ】東京都 新たに240人以上感染確認 きのう上回り最多 新型コロナhttp://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23958520.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">しじみ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/10(金) 14:11:25.46 ID:CAP_USER<br /><a target="_blank" title="6E182662-74ED-4713-8402-F1E9F142779B" href="https://livedoor.blogimg.jp/katasumisokuhou/imgs/e/b/eb7aefdc.png"><img class="pict" hspace="5" alt="6E182662-74ED-4713-8402-F1E9F142779B" border="0" height="270" width="480" src="https://livedoor.blogimg.jp/katasumisokuhou/imgs/e/b/eb7aefdc-s.png"></a><br />&nbsp;</span></div> <div class="t_b"> 東京都の関係者によりますと、10日、都内で新たに240人以上が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。 <br /> <br /> 都内で1日に確認された数としては、9日の224人を上回り、これまでで最も多くなります。 <br /> <br /> また、2日連続で200人を超えるのは初めてです。 <br /> <br /> 都は、体調が悪かったり熱が出たりしている人は都外に出かけるのを控えるほか、夜の繁華街では、引き続き、適切な感染防止策を講じている店を選ぶなど、十分に注意するよう呼びかけています。 <br /> <br />NHK<br /> <a target="_blank" href="https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507891000.html">https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507891000.html</a> <br /><br /></div><div style="text-align: right;" class="t_a"><span style="font-size: 68.75%; color: rgb(153, 153, 153);">引用元: <a target="_blank" class="site" href="http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594357885/">http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594357885/</a></span></div><br /> <!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23958520.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=7648270&name=katasumisokuhou&pid=23958520" width="1" height="1" />http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23958520.html【危急】 マツタケが絶滅危惧種に 国際自然保護連合 最新レッドリストhttp://science-soku.blog.jp/archives/82477358.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/09(木) 21:32:18.79 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 2020年7月9日 21時01分環境 <br /> <br /> 世界の野生生物の専門家などで作るIUCN=国際自然保護連合は最新のレッドリストを公表し、世界的に生育量が減少しているなどとしてマツタケを新たに絶滅危惧種に指定しました。 <br /> <br /> スイスに本部があるIUCNは世界の野生生物が絶滅する危険性を分類して「レッドリスト」を作成していて9日、最新のリストが公表されました。 <br /> <br /> 今回はマツタケについて初めての評価が行われ、生育量が著しく減少しているなどとして新たに絶滅危惧種に指定しました。 <br /> <br /> 絶滅危惧種は絶滅の危険性が高い順に3段階に分かれていて、このうちマツタケは3番目で、太平洋のクロマグロなどと同じ「危急」に分類されました。 <br /> <br /> マツタケはアジアからヨーロッパにかけて広く分布していますが、IUCNによりますと病気や伐採、それに森林の環境悪化などで世界的にマツタケが育つ松林が損なわれていて、日本でも松枯れ病などの影響が出ているということです。 <br /> <br /> IUCN日本委員会の道家哲平事務局長は「マツタケはかつての里山のように人の手が入ることで育ちやすい環境ができる。マツタケを守りながら利用していくために森を適度に利用する必要がある」と話しています。 <br /> <br /> 一方、今回は6年前に絶滅危惧種に指定されたニホンウナギの再評価も行われ、過剰な漁獲や川の環境の悪化などで「近い将来、野生での絶滅の危険性が高い」として、これまでと同じく絶滅危惧種のうち、2番目に当たる「危機」に分類されました。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200709/k10012507121000.html">https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200709/k10012507121000.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594297938/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82477358.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82477358" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82477358.html【生物】泳げない海水魚ハンドフィッシュが公式に「絶滅認定」される! オーストラリア南東部原産の海水魚 [しじみ★]https://animalkawaii.com/818/<figure class="wp-block-image size-large is-resized"><img src="https://animalkawaii.com/wp-content/uploads/2020/07/shinkai_ryugunotsukai.png" alt="" class="wp-image-704" width="205" height="205" srcset="https://animalkawaii.com/wp-content/uploads/2020/07/shinkai_ryugunotsukai.png 180w, https://animalkawaii.com/wp-content/uploads/2020/07/shinkai_ryugunotsukai-150x150.png 150w, https://animalkawaii.com/wp-content/uploads/2020/07/shinkai_ryugunotsukai-75x75.png 75w, https://animalkawaii.com/wp-content/uploads/2020/07/shinkai_ryugunotsukai-100x100.png 100w" sizes="(max-width: 205px) 100vw, 205px" /></figure> <p>1 :<strong><span style="color: #ffffff" class="text-color"><span style="background-color: #008000" class="background-color">しじみ ★</span></span></strong>:2020/07/07(火) 06:27:58</p> <p>オーストラリア南東部原産の海水魚「スムース・ハンドフィッシュ」が、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにて、公式に「絶滅」認定されました。</p> <p>現代における海水魚の絶滅認定は、これが初となったようです。</p> <p>スムース・ハンドフィッシュは、全部で14種知られているハンドフィッシュの1種であり、1800年代初めに発見されました。</p> <p>しかしそれ以降、乱獲、海水汚染、生息地の減少により姿を消し、残っているのは初発見時に採取された標本(上記画像)のみとなっています。<br><a href="https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366816-8488509-image-a-2_1593810369298.jpg" target="_blank" rel="noreferrer noopener">https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366816-8488509-image-a-2_1593810369298.jpg</a></p> <p>■「ハンドフィッシュ」は泳げない</p> <p>ハンドフィッシュの大きな特徴は、独自に発達した前ビレを使って、海底を這うように移動することです。</p> <p>彼らは、浮力をコントロールするための「浮き袋(swim bladder)」を持っていないので、水中を泳ぐことができません。</p> <p>そのため、手のようなヒレを用いて、ほふく前進するように歩き回ります。<br><a href="https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366812-8488509-image-a-4_1593810380283.jpg" target="_blank" rel="noreferrer noopener">https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366812-8488509-image-a-4_1593810380283.jpg</a></p> <p>泳いで採餌ができないので、頭に生えた派手なトサカを使って、エサをおびき寄せます。</p> <p>残りの13種も同じオーストラリア海域に生息していますが、サイズや見た目はさまざまです。<br><a href="https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366814-8488509-image-a-7_1593810406105.jpg" target="_blank" rel="noreferrer noopener">https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30366814-8488509-image-a-7_1593810406105.jpg</a></p> <p>■残りの13種も絶滅の危機に</p> <p>研究を行った西オーストラリア大学のジェシカ・ミーウィグ教授は、今回の絶滅について、「過剰な漁業が主な原因」と指摘します。</p> <p>ハンドフィッシュの生息地では、20世紀に入ってから1967年まで、大規模なホタテ漁が行われていました。その際の混獲(漁獲対象とは別の種が意図せず捕獲されること)が、ハンドフィッシュの減少を促進したというのです。</p> <p>残りの13種も絶滅の危機に</p> <p>研究を行った西オーストラリア大学のジェシカ・ミーウィグ教授は、今回の絶滅について、「過剰な漁業が主な原因」と指摘します。</p> <p>ハンドフィッシュの生息地では、20世紀に入ってから1967年まで、大規模なホタテ漁が行われていました。その際の混獲(漁獲対象とは別の種が意図せず捕獲されること)が、ハンドフィッシュの減少を促進したというのです。</p> <figure class="wp-block-embed-wordpress wp-block-embed is-type-wp-embed is-provider-ナゾロジー"><div class="wp-block-embed__wrapper"> <blockquote class="wp-embedded-content" data-secret="TZWnz5Uly2"><a href="https://nazology.net/archives/55199">フルダイブ型VRの基礎理論に?人体動作の「基本コード」を解明!</a></blockquote><iframe class="wp-embedded-content" sandbox="allow-scripts" security="restricted" title="&#8220;フルダイブ型VRの基礎理論に?人体動作の「基本コード」を解明!&#8221; &#8212; ナゾロジー" src="https://nazology.net/archives/55199/embed#?secret=TZWnz5Uly2" data-secret="TZWnz5Uly2" width="500" height="282" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no"></iframe> </div></figure> &nbsp; <p>3 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 06:42:34<br>ハンドフィッシュブサ可愛いよね</p> &nbsp; <p>4 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 06:47:49<br>絶滅した方は深海魚のように見えるな。<br>単に深海に棲息しているからシーラカンスのように見つけにくいだけかもな。</p> &nbsp; <p>17 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 08:09:49<br>うなぎももうすぐ</p> &nbsp; <p>19 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 08:13:27<br>おこぜ系のかわいさ</p> &nbsp; <p>20 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 08:18:42<br>他の魚だって学習能力0ではない<br>トサカが餌じゃないってバレちゃったんだろ。<br>ママ魚が小魚に「あれごはんじゃないからね。食べちゃダメ」って教えたり<br>そして餓死したんだと思う。</p> &nbsp; <p>14 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 07:41:14<br>おまえらおはよう</p> <p><a href="http://o.5ch.net/1olgd.png">http://o.5ch.net/1olgd.png</a></p> &nbsp; <p>29 :<strong><span style="color: #008000" class="text-color">名無しのひみつ</span></strong>:2020/07/07(火) 10:25:14<br>ムツゴロウですら泳げるというのに。</p> <p><span style="color: #0000ff" class="text-color">&gt;&gt;14</span><br>上手っ。</p> &nbsp; <p>30 :<strong>名無しのひみつ</strong>:2020/07/07(火) 10:26:06<br><span style="color: #0000ff" class="text-color">&gt;&gt;14</span><br>こんなもん用意してるのかw</p> &nbsp; <p>元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594070878/0-</p>https://animalkawaii.com/818/【環境】「地上の約20%がバッタ巨大群の被害を受ける」――国連の食糧農業機関(FAO)警告の衝撃http://science-soku.blog.jp/archives/82473691.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/09(木) 12:36:26.62 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> →バッタの大群はアフリカ、アジアだけでなく南米でも勢力を拡大している <br /> →ブラジルやアルゼンチンは世界的な穀物輸出国であるため、バッタの襲来を受けていない土地でも食糧不足の影響が出やすい <br /> →それに加えて、バッタの襲来はそれまでに高まっていあ政治的混乱や軍事的緊張をエスカレートさせかねない <br /> <br />70年に一度ともいわれる規模のバッタ大発生は、コロナの悪影響とも相まって、図りしれないダメージを各地に及ぼす公算が大きい。 <br /> <br /> ■三大陸に広がるバッタ巨大群 <br /> <br />1月下旬に東アフリカで発生したサバクトビバッタの大群は、各地で繁殖を繰り返しながら、海を超えてアジアでも勢力を広げている。 <br /> <br />インドでは北西部から侵入したバッタの大群が農作物を食い荒らしながら、6月末までに首都ニューデリー近郊に迫っている。また、標高が高く、気温が低いため、これまでバッタの襲来が少なかったネパールでも、すでに1100ヘクタールの農地が被害を受けている。 <br /> <br />ところが、アフリカとアジアだけでなく、南米でもバッタが大繁殖している。 <br /> <br />その発生源はパラグアイとみられ、5月21日にはアルゼンチンのサンタフェにバッタの大群が出現した。今後、周辺のブラジルやウルグアイにも拡大する恐れがある。 <br /> <br /> ■世界全体で食糧価格が高騰する恐れ <br /> <br />各国の政治、経済がコロナで混乱するなか、三大陸に広がるバッタの大群は、人間社会に大きな悪影響を及ぼすとみられる。その第一が、食糧危機だ。 <br /> <br />すでにコロナによって各国の農業や流通には大きな影響が出ている。国内の食糧不足への懸念から、輸出を制限する国が増えていることは、これに拍車をかけている。 <br /> <br />ウォールストリートジャーナルによると、コロナ蔓延後の食糧価格は、過去40年間で最も早いペースで上昇している。 <br /> <br /> Plague of locusts threaten Argentina's crops <a target="_blank" href="https://youtu.be/0PCbqAXreRk">https://youtu.be/0PCbqAXreRk</a><br /><iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/0PCbqAXreRk" frameborder="0" style="vertical-align:top;" allowfullscreen></iframe><br /> <br /> <br />バッタによる農作物被害は、これをさらに加速させる懸念が大きい。国連の食糧農業機関(FAO)は、このままでは地球の土地の約20%、世界人口の約10分の1がダメージを受けると警告している。 <br /> <br />東アフリカやアジアなどではすでに食糧価格が上昇しているが、このうえ南米でもバッタの被害が拡大すれば、影響はより深刻なものになるとみられる。ブラジルやアルゼンチンは世界屈指の穀物輸出国だからだ。アトラスによると2018年の全世界におけるトウモロコシ輸出額のうち、ブラジルは12.6パーセント、アルゼンチンは12.3パーセントを占める。 <br /> <br />つまり、このままバッタの被害が拡大すれば、バッタが直接やってこない土地の食糧価格にも影響を及ぼしかねない。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/c/8/c8a17e9d.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/c/8/c8a17e9d-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20200708-00186688/">https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20200708-00186688/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594265786/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82473691.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82473691" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82473691.html【動物】“県内絶滅”のニホンカモシカ 目撃相次ぐ(愛媛)http://science-soku.blog.jp/archives/82473641.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/09(木) 10:58:35.34 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 国の特別天然記念物で、愛媛県内では絶滅したと判断されていた「ニホンカモシカ」の目撃情報が相次ぎ、愛媛県は生息している可能性が高くなっているとみて調査しています。 <br /> 愛媛県によりますとこちらは先月16日、新居浜市の別子山地区を走っていた車のドライブレコーダーがとらえた「ニホンカモシカ」の映像です。 <br /> 大人とみられますがオスかメスかは不明です。国の特別天然記念物で極めて貴重な種とされる「ニホンカモシカ」は、50年以上、県内での生息が確認できなかったため、県は2014年に改訂した「県レッドデータブック」で「県内絶滅」と公表していました。 <br /> こうした中、おととし6月、西条市の高知県境で四国森林管理局のカメラに映りこんでいたほか、先月も目撃されたことから、県は調査を進め生息が確認されれば保護に取り組むとともに、レッドデータブックの改訂も検討する方針です。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/b/ab6a0d03.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/b/ab6a0d03-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://news.yahoo.co.jp/articles/d283525093f51f1809dc71818f016847cdbc0c69">https://news.yahoo.co.jp/articles/d283525093f51f1809dc71818f016847cdbc0c69</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594259915/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82473641.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82473641" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82473641.html【研究】研究者が解明 家に犬がいることはなぜ子どもの発達に有益なのかhttp://science-soku.blog.jp/archives/82466347.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/08(水) 02:49:49.22 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> オーストラリアの研究者グループが、家に犬がいることが子どもの発達にどう影響するかについて発表を行った。研究では、家で犬を飼っている子どもの感情の状態と社会的スキルは、飼っていない家庭で育った子どもよりはるかに良いことが明らかになった。 <br /> <br /> 以前から、定期的な運動が子どもの発達を促進することが知られている。研究によれば、運動不足は、病気の発症率を高め、健康にとって大きな問題となると指摘されている。すでにこれまでの研究では、犬を飼っている家庭の子どもはより活動的であることが示されており、彼らは、同年代の子どもたちより週平均29分多く運動している。 <br /> <br /> 研究者らは、2015年から2018年にプログラムPLAYCEとして入手したデータの分析を行った。このプログラムは、どのような学年齢前の家庭内の教育や世話、環境の特徴が、2歳から5歳までの子どもの発達を促進するかを調査したもの。研究者らは、2歳から5歳の子どものいる1646家族からアンケートを集めた。アンケートは基本的に、子どもの行動の評価を行うために利用されることで有名な「子どもの強さと困難さ」が使用され、家庭で犬を飼っているか(飼っている家庭は686件、42%)、また、子どもたちがどのぐらいの時間を犬と過ごしているかなどが質問された。 <br /> 分析結果は『Pediatric Research』誌に発表された。 <br /> <br /> 研究者らは、犬を飼っている家庭の子どもは、自分の感情のコントロールや社会的関係の確立に困難を感じる割合が23%低く、攻撃性や反社会的な行動をとることも30%低く、他人との交友で問題を抱えることが40%少ないことを明らかにした。 <br /> <br /> 研究者らは、犬の存在や玩具や散歩を通じた犬との相関関係が、幼児の社会的感情的発達を緩やかにするという点で重要なメカニズムを成している可能性を指摘する。 <br /> <br /> この間、通信社スプートニクは、ロシアで唯一のコーギー種の警察犬が勇退したことを報じた。 <br /><br /> <a target="_blank" href="https://jp.sputniknews.com/science/202007077593467/">https://jp.sputniknews.com/science/202007077593467/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594144189/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82466347.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82466347" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82466347.html【新型コロナ】布マスクの「漏れ率」100% すきまからウイルス侵入http://science-soku.blog.jp/archives/82459256.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/07(火) 07:05:23.56 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 布マスクは空気中のウイルスをどこまで防げるのか。聖路加国際大学の大西一成准教授(環境疫学)が布マスクと顔面のすきまなどから出入りする空気中の粒子の「漏れ率」を調べたところ、100%だったことがわかった。フィルターの性能試験を通った不織布マスクも、着け方が悪いと100%だったが、正しく着けると約50%まで下がった。「マスクは選び方と着け方が大事」という。 <br /> <br />マスクの密着性を調べるための専用装置を使い、空気中に漂う約0・3マイクロメートル以上の粒子数とマスクと顔の間のすきまにある粒子数を、それぞれ測定して比べた。布マスクや不織布マスク、N95などの規格を満たした防じんマスクのほか、政府が全戸に配った「アベノマスク」(ガーゼマスク)については、素材が異なる3種類を調べた。着け方の工夫で漏れ率に差が出る不織布マスクと防じんマスクについては、普通に着けた場合と、正しく鼻にフィットさせるなどすきまを最大限減らす着け方をした場合を比べた。 <br /> <br />その結果、布マスクとガーゼマスクは、漏れ率が100%だった。漏れ率が最も低かったのは防じんマスクを正しく着けた場合で、1%。普通の着け方では6%だった。不織布マスクは、正しく着けた場合はフィルター部分の濾過(ろか)性能の試験を通ったタイプだと52%、通っていないタイプだと81%だった。ただ、普通の着け方だと2種類とも100%だった。 <br /><br /> 朝日新聞デジタル <br /> <a target="_blank" href="https://www.asahi.com/articles/ASN7430PVN72UBQU00B.html">https://www.asahi.com/articles/ASN7430PVN72UBQU00B.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594073123/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82459256.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82459256" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82459256.html【ペスト】中国・内モンゴルで腺ペスト…当局、感染が広がるリスクあるhttp://science-soku.blog.jp/archives/82454024.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/06(月) 17:53:08.92 ID:CAP_USER</span></div> <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> 2020/07/06 13:04 <br />【北京=比嘉清太】中国内モンゴル自治区のバヤンノール市当局は5日、市内の住民1人が腺ペストに感染したと発表した。現地の病院で治療を受けており、病状は落ち着いているという。当局は、ペスト感染が広がるリスクがあるとして、原因不明の高熱が出るなどした場合には報告するよう、住民に呼び掛けている。 <br />   <br />日本の厚生労働省によると、腺ペストはネズミなどのげっ歯類からノミを介して感染し、重症化すれば高熱や意識障害を引き起こす。 <br /> <br /> <a href="https://www.yomiuri.co.jp/world/20200706-OYT1T50144/" target="_blank">https://www.yomiuri.co.jp/world/20200706-OYT1T50144/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1594025588/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82454024.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82454024" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82454024.html【研究】古代人が行った土壌改革がアマゾン川流域の生物多様性を生み出しているとの研究結果http://science-soku.blog.jp/archives/82435822.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/03(金) 10:32:27.76 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> アマゾン川流域は土壌の養分が少ないやせた土地であり、農業には向いていませんが、「テラ・プレタ」と呼ばれる一部の土地はしっとりと黒く豊かな土壌であることが知られています。このテラ・プレタは農業に従事した古代人によって生み出されたとされていますが、ブラジルのマトグロッソ州立大学やイギリスのエクセター大学の研究チームはテラ・プレタが農業に適しているだけでなく、アマゾン川流域の生物多様性にも貢献しているとの研究結果を発表しました。 <br /> <br /> Legacy of Amazonian Dark Earth soils on forest structure and species composition - Oliveira - - Global Ecology and Biogeography - Wiley Online Library <br /> <a target="_blank" href="https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/geb.13116">https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/geb.13116</a> <br /> <br /> Research news - Innovation by ancient farmers adds to biodiversity of the Amazon, study shows - University of Exeter <br /> <a target="_blank" href="https://www.exeter.ac.uk/news/research/title_801967_en.html">https://www.exeter.ac.uk/news/research/title_801967_en.html</a> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/6/6/66f36429.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/6/6/66f36429-s.png"></a><br /> <br /> <br /> 土壌がやせているアマゾン川流域では、森を開墾しても強い日差しや豪雨にさらされると養分が失われてしまい、近代的な化学肥料を用いても豊かな状態を維持できないとのこと。そのため、アマゾン川流域では焼き畑農業のような非持続可能な農業はできるものの、大規模で持続可能な農業を行うことは不可能だと考えられていました。 <br /> <br /> ところが、オランダ人の土壌学者であるビム・ソンブルク氏が1950年代にアマゾン川流域を調査したところ、一部の場所には驚くほど豊かな土壌が存在していることを発見。しっとりとした黒い土であるこの土壌は、テラ・プレタと名付けられました。テラ・プレタの起源については自然発生的に生まれたものという見方もあったものの、主に集落跡で発見されている点や、陶器の破片や動物などの骨、人間の排せつ物といったものが土壌に堆積していた点から、多くのテラ・プレタは人為的に作られたものであると判明しています。 <br /> <br /> テラ・プレタは1つの区画が平均で20ヘクタールほどで、付近の土壌に乏しい窒素・リン・カルシウム・亜鉛・マンガンといった栄養素を豊富に含んでいます。テラ・プレタはさまざまな有機物に加え、並外れて高濃度の炭を含有していることが特徴であり、土壌に含まれる炭や高レベルの微生物活動によって栄養素の流出が防がれているとのこと。 <br /> <br /> テラ・プレタは紀元前450年から紀元後950年の間にアマゾン川流域に作られたといわれており、この地域に住む先住民らの人口を支えてきたと考えられています。ところが、ヨーロッパ人が南アメリカ大陸に進出すると、先住民の人口が疫病などで大幅に減少して生活様式も変化したため、多くのテラ・プレタが放棄されてしまいました。 <br /> <br /> それでも、テラ・プレタは放棄されてから数百年にわたって豊かさを維持しており、未だにテラ・プレタの土壌を使った畑では、隣接した他の畑と比較して豊富な種類の作物を栽培・収穫できるとのこと。また、一般的な穀類の収量もかなり多いことに加え、強い日差しや雨にさらされてもなかなか土壌がやせないそうです。 <br /> <br /> 放棄されたテラ・プレタがアマゾン川流域の植生にどのような影響を与えているのかを調べるため、マトグロッソ州立大学やエクセター大学の研究チームは、アマゾン東部のタパジョース川やシングー川の流域で土壌の豊かさや植物のサンプルを測定する研究を行いました。その結果、テラ・プレタの土壌が他の土壌と比べて有意に豊かであることが再確認されたほか、他の土壌とは違う植生が存在していることが判明したとのこと。 <br /> <br /> 論文の筆頭著者であるEdmar Almeida de Oliveira氏は、「テラ・プレタは周囲の森と違う種類の植物が存在し、より大きく生長するエリアです」と指摘。単に生長する植物の種類が違うだけでなく、テラ・プレタでは食用になる植物が多い傾向もみられました。 <br /><br /> 近年ではテラ・プレタが再び地元や先住民の人々に耕作され始めているとのことですが、未だに熱帯雨林の中に埋もれて生物多様性に貢献しているテラ・プレタも少なくないとのこと。しかし、違法な森林破壊や山火事によって、1000年以上にわたって維持されてきた貴重なテラ・プレタが失われることも懸念されています。共著者であるBeatriz Marimon氏は、「テラ・プレタは種の豊かさを増加させ、地域の生物多様性を保全するために重要な考慮するべき事柄です」と述べました。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200703-ancient-farmer-add-amazon-biodiversity/">https://gigazine.net/news/20200703-ancient-farmer-add-amazon-biodiversity/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593739947/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82435822.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82435822" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82435822.html【細菌】永久凍土から太古のバクテリア発見、プラごみ分解に期待http://science-soku.blog.jp/archives/82431000.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/02(木) 20:43:05.73 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 永久とは言いますが、実はそうでないものの例に「永久凍土」があります。その定義は、2年以上にわたり地中温度が0℃以下の土地。実際のところ2年凍れば永久凍土なのです。 <br /> <br /> ■「気候の時限爆弾」 <br /> <br /> 永久凍土は「気候の時限爆弾」とも呼ばれます。氷が解けるとCO2やメタンなどの温室効果ガスが大気中に放出されて、地球全体の気温上昇を加速させる恐れがあるからです。 <br /> <br /> ■目を覚ます病原体 <br /> <br /> 永久凍土が融解すると、眠っていた微生物が目覚める危険もはらんでいます。過去の例を挙げてみましょう。 <br /> <br /> 2005年アラスカで、32,000年前のものと見られるバクテリアが永久凍土の中から発見されています。そのバクテリアは、氷が解けるやいなや水中を泳ぎまわったそうです。 <br /> <br /> また2014年にはシベリアで、30,000年前のものと見られるウイルスが見つかりました。このウイルスは直径が1.5マイクロメートルと、顕微鏡で見ることができるほどの巨大サイズだったといいます。 <br /> <br /> これらは人間には無害ということですが、2016年シベリアでは、12歳の少年が亡くなるという痛ましい出来事が起きています。 <br /> <br /> 原因は、75年前に炭疽菌で死んだトナカイの埋葬地の氷が解けたことです。その死骸に付着していた病原菌が動物に感染し、それを食べた人にも広がったことが理由のようです。 <br /> <br /> ■氷下のバクテリアで問題解決 <br /> <br /> 一方で永久凍土は、環境保全や人命に役立つ可能性もあるようです。どういうことでしょうか。 <br /> <br /> スイスの研究機関(WSL)は、アルプス山脈の標高3,000メートルの永久凍土の中から、13,000年前に存在していたと見られるバクテリアを発見しました。このバクテリアをバイオリアクターの中に入れると、プラスチックを分解できる可能性があるようです。 <br /> <br /> 地球にやさしい方法でプラごみを分解し、埋め立て地の減少や環境汚染の軽減などに一役買えるのではないかと、期待を寄せています。 <br /> <br /> 同研究所は以前にも、永久凍土の中から発見した微生物の酵素から、低温で脂肪を分解する性質を発見しています。この性質を使って、低温の水でも汚れをきれいに落とせる洗剤が開発できるのではないかと模索しているようです。実現すれば、エネルギーを節約しながら洗濯ができると自慢げです。 <br /> <br /> さらに最近では、永久凍土の中のバクテリアから、新しい抗生物質を作れるのではないかと考えているといいます。 <br /> <br /> 「永久凍土の融解は、人間にとって『金鉱』になる可能性がある」。同研究所はそう話しています。 <br /> <br /> 永久凍土の融解は、このように好ましい可能性も秘めています。しかしながら、失うものの方がはるかに大きいことは言うまでもありません。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/6/16665e2f.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/6/16665e2f-s.png"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20200629-00185725/">https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20200629-00185725/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593690185/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82431000.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82431000" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82431000.html【天文学】アマチュア天文家の板垣さん、今年8個目の超新星発見 通算155個目http://science-soku.blog.jp/archives/82430972.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/03(金) 02:33:19.10 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 山形県の板垣公一さんが7月1日、おとめ座の銀河に超新星2020nvbを発見した。板垣さんの超新星発見は今年8個目、通算155個目。 <br /> 【2020年7月2日 Transient Name Server】 <br /> <br /> 山形県の板垣公一さんが7月1日13時10分ごろ(世界時。日本時では22時10分ごろ)、おとめ座の銀河NGC 4457に13等の新天体を発見した。天体の位置は以下のとおり。 <br /> <br /> 赤経 12h28m58.790s <br /> 赤緯 +03°34′22.09″(2000年分点) <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/b/abe52b87.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/b/abe52b87-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/e/5efdde48.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/e/5efdde48-s.png"></a><br /><br /> 2020nvbの符号が付けられた後、伊・アジアゴ天文台などで行われた分光観測によりIa型超新星らしいことが確認された。極大前とみられており、今後さらに明るくなると期待される。 <br /> <br /> 板垣さんの超新星発見は4月10日以来で、今年8個目、通算155個目(独立発見を含む)となった。 <br /> <br /> アストロアーツ <br /> <a target="_blank" href="http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11358_sn2020nvb">http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11358_sn2020nvb</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593711199/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82430972.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82430972" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82430972.html【宇宙開発】無重力空間&月重力下の両方で使える「宇宙用トイレ」に関する斬新なアイデアをNASAが募集中http://science-soku.blog.jp/archives/82420546.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/07/01(水) 21:31:55.61 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> NASAは2024年に月面に人を送る有人月飛行計画の「アルテミス計画」を予定しており、2020年4月30日にはこの計画の一環として、Amazon創業者であるジェフ・ベゾス氏が設立したBlue OriginやNASAと協同でアメリカ初の民間宇宙船の打ち上げに成功したSpaceX、Dyneticsという3社の宇宙開発企業と月面着陸機の開発契約を結びました。そんなNASAが、アルテミス計画の一環として「月面で使える斬新なトイレに関するアイデア」を募集するアイデアコンペ「NASA's Lunar Loo Challenge」を開催しています。 <br /> <br /> NASA's Lunar Loo Challenge | HeroX <br /> <a target="_blank" href="https://www.herox.com/LunarLoo">https://www.herox.com/LunarLoo</a> <br /> <br /> NASA's Lunar Loo Challenge | NASA <br /> <a target="_blank" href="https://www.nasa.gov/lunar-loo-challenge">https://www.nasa.gov/lunar-loo-challenge</a> <br /> <br /> 2024年までに人類史上初の女性による月面着陸を目指しているのがNASAのアルテミス計画です。アルテミス計画は人類史上初の有人火星探査における地球外拠点を月面に設けるためにも重要な計画で、このためにNASAは月面着陸機の開発など、さまざまな新装備の開発に着手しています。 <br /> <br /> アルテミス計画において、宇宙飛行士は微小重力(無重力)環境や月面の低重力環境で食事や排泄を行うこととなります。宇宙空間用のトイレはすでに存在しており、例えば国際宇宙ステーション(ISS)などで使用されていますが、これらの宇宙用トイレは微小重力環境に特化して設計されたものであるため、よりコンパクトでより効率的に「宇宙空間および月面」で機能するトイレの開発が求められているとのこと。NASAはアルテミス計画の実現に向け、新型宇宙トイレの開発にすでに着手していますが、既存の航空宇宙工学とは異なるアプローチのアイデアを求めるために、アイデアコンペ「NASA's Lunar Loo Challenge」の開催を決定したそうです。NASAは宇宙飛行士が宇宙船内で地球にいるときと同じように排泄を行うことができるトイレを求めており、そのトイレは「微小重力環境」および「地球の約6分の1しかない月面の重力下」の両方で機能する必要があります。 <br /><br /> なお、NASA's Lunar Loo Challengeには以下のページから参加可能。メインカテゴリのほかに18歳未満が応募可能なジュニアカテゴリも設けられています。アイデアコンペの賞金総額は3万5000ドル(約380万円)で、賞金はメインカテゴリに応募されたアイデアのうち上位3つのデザインに配分され、1位が2万ドル(約220万円)、2位が1万ドル(約110万円)、3位が5000ドル(約50万円)を得られます。また、ジュニアカテゴリの入賞者3名にはNASAによる講評および、NASAのロゴ入り賞品が贈られます。 <br /> <br /> NASA's Lunar Loo Challenge | HeroX <br /> <br /> NASAがアイデアを求める「新型宇宙トイレ」として求められる要件は、微小重力環境および月重力下で使用できるだけでなく、4.2立方フィート(約1.3立方メートル)以下のサイズであり、60デシベル以下の音で動作するというものです。また、尿と糞の両方を同時に収集可能で、少なくとも1リットルの液体廃棄物と500グラムの固形廃棄物を保持できる必要もあります。加えて、1日当たり少なくとも114グラムの月経血を収集することができる必要があります。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/3/c/3c77f6ed.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/3/c/3c77f6ed-s.png"></a><br /><br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200701-nasas-lunar-loo-challenge/">https://gigazine.net/news/20200701-nasas-lunar-loo-challenge/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593606715/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82420546.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82420546" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82420546.html【環境】人工の放射性物質を含む雲が北欧上空を覆う、ロシアの原子力発電所が損傷した可能性もhttp://science-soku.blog.jp/archives/82415444.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/30(火) 23:07:07.87 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ヨーロッパ北部・スカンジナビア半島付近で人工の放射性同位体が発見され、大気中の放射線量が急上昇しているという報告が挙がっています。AP通信は、ロシアにある原子力発電所が損傷した可能性があると報じています。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/3/4/34a245b9.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/3/4/34a245b9-s.png"></a><br /><br /> Radioactivity hike seen in northern Europe; source unknown <br /> <a target="_blank" href="https://apnews.com/16ce7ced2b5b98974e0cc4437b14bf44">https://apnews.com/16ce7ced2b5b98974e0cc4437b14bf44</a> <br /> <br /> Mysterious radiation spike detected over Scandinavia | Live Science <br /> <a target="_blank" href="https://www.livescience.com/spike-in-radioactivity-detected-above-europe.html">https://www.livescience.com/spike-in-radioactivity-detected-above-europe.html</a> <br /> <br /> フィンランド・ノルウェー・スウェーデンの放射線および原子力安全監視機関は、スカンジナビア南部や北極圏に流れてきた雲から、人や環境に影響がない程度に少量の放射性同位体を発見したと報告しました。 <br /> <br /> また、包括的核実験禁止条約機関準備委員会(CTBTO)のラッシーナ・ゼルボ事務局長は6月26日にTwitterで「スウェーデン当局の放射線監視センサーが、ヨーロッパ北西部空域でセシウム134・セシウム137・ルテニウム103のわずかな増加を検出した」とあらためて発表しました。 <br /> <br /> さらに、オランダの国立公衆衛生環境研究所は、「観測データを分析した結果、放射性同位体がロシア西部からやってきていることが示された」と2020年6月26日に発表。国立公衆衛生環境研究所は、放射性同位体は天然に存在するものではなく人工のものだったことから、原子力発電所の燃料部分が損傷している可能性を示唆しましたが、測定数が限られているため、放射性同位体の発生場所を特定できないと述べました。 <br /> <br /> 損傷した可能性があるとみられる原子力発電所として、コラ原子力発電所とレニングラード原子力発電所が挙げられています。特にレニングラード原子力発電所は、1986年に事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所と同型の原子炉が4基設置されており、施設の老朽化が問題となっていました。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/c/2/c2773f3e.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/c/2/c2773f3e-s.jpg"></a><br /><br /> しかし、ロシアの国営通信社であるイタルタス通信によれば、ロシアの原子力発電事業者であるロスエネルゴアトムは、「コラ原子力発電所とレニングラード原子力発電所は2020年6月に至るまで変化がなく、放射線量の増加には関係ない」と主張しました。 <br /> <br /> 北欧地域上空に放射性同位体を含む雲が流れてくるのは今回が初めてではありません。2017年には通常レベルの1000倍にもなるルテニウム106が検出されたことが報じられています。この時もロシアの核再処理施設が原因ではないかと推測されましたが、ロシアは否定しています。 <br /> <br /> なお、スウェーデン放射線安全局は2020年6月23日に、「放射線量の急上昇は何が原因で起こっているかは現時点で確認不可能」と報告し、放射性同位体を含む雲がどこからやってきたかも不明であるとしています。ゼルボ事務局長もTwitterで「発生源の可能性が高い地域を示すことはできますが、正確な発生源を特定することはCTBTOの権限外です」と語りました。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200630-radioactivity-spike-above-europe/">https://gigazine.net/news/20200630-radioactivity-spike-above-europe/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593526027/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82415444.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82415444" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82415444.html【歴史】明治の女性、髪を切るのに「断髪届」 千葉の民家で発見http://science-soku.blog.jp/archives/82400673.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/29(月) 09:34:57.85 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 明治時代の女性が髪を切った時に千葉県に届け出る「断髪届」が、同県白井市の民家から見つかった。文明開化で男性はまげをやめたが、女性が髪を短くしてまげをやめることは禁止され、届け出をしないと罰せられた。市教育委員会の戸谷敦司・学芸員は「女性に伝統的な美を守らせたいという、当時の価値観を示すとみられる貴重な資料」と話している。 <br /> <br />市教委が谷田(やた)地区にある旧家の井上家で行った古文書調査で見つかった。日付は1876(明治9)年10月25日。井上家長男の妻が長患いが治るよう願をかけて7月に髪を切った、と義父らが届け出ている。押印されていないことから控えとみられるという。 <br /> <br />71年に「散髪脱刀令」が出され、「ざんぎり頭をたたいてみれば、文明開化の音がする」と歌われたように男性の断髪が進んだ。女性でも髪を切ってまげをやめる人が出てきた。まげは油で固めるため、洗髪は半日がかり。夏場でも月に1度洗髪できるかどうかで、悪臭のため頭痛に悩まされる人もいたという事情もあったようだ。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/b/2/b2dd6e8b.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/b/2/b2dd6e8b-s.jpg"></a><br /><br /> 朝日新聞デジタル <br /> <a target="_blank" href="https://www.asahi.com/articles/ASN6V76NDN6RUDCB00K.html">https://www.asahi.com/articles/ASN6V76NDN6RUDCB00K.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593390897/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82400673.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82400673" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82400673.html【医学】50歳以上の女性、腹部に脂肪多めなら認知症リスク39%増http://science-soku.blog.jp/archives/82388726.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/27(土) 14:17:30.81 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> (CNN) 50歳以上で腹囲が平均値を上回る人は10~20年後に認知症にかかるリスクがそうでない人と比べて高いーーそうした調査結果がこのほど、疫学関連の科学雑誌に掲載された。女性の場合は39%増と、特に著しいリスクの上昇がみられたという。 <br /> <br /> 肥満と認知症との関係を検証するため、研究者らは英国の50歳以上の6582人を対象に調査を行った。それぞれの対象者の体格指数(BMI)と胴回りの数値、認知症の診断記録を15年にわたって追跡したところ、女性の場合、腹囲が平均以上だと15年以内に認知症になるリスクがそうでない人と比較して39%高くなることが分かった。 <br /> <br /> 男女合わせたリスクの増加率は28%だった。 <br /> <br /> ニューヨーク・プレスビテリアン病院のアルツハイマー予防クリニックを統括するリチャード・イザクソン博士は「おなかのサイズが大きくなると、脳の記憶中枢が小さくなることが過去の研究で示されている」「今回の新たな研究は従来の結果を裏付けるものであり、胴囲の拡大と認知症リスクの上昇を関連付けたという点で重要だ。とりわけ女性にその傾向が強い」と述べた。同博士は研究に関与していない。 <br /> <br /> 調査では、高血圧や糖尿病、喫煙、アルツハイマー病と関係があるApoE遺伝子といった認知症リスクに影響を及ぼすとみられる要因を排除した。 <br /> <br /> 認知症を発症した対象者が当該の診断を受けたときの平均年齢は71.8歳。一方、認知症を発症しなかった人たちが調査に参加した時の平均年齢は61.9歳だった。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://www.cnn.co.jp/fringe/35155856.html">https://www.cnn.co.jp/fringe/35155856.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593235050/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82388726.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82388726" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82388726.html【考古学】男性だと考えられてきた古代遊牧民のスキタイ戦士の遺体が「13歳以下の少女」だったことがDNA検査で判明http://science-soku.blog.jp/archives/82385051.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/27(土) 13:01:03.57 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ギリシア神話には女性だけで構成されたアマゾーンという部族が登場し、馬を飼い慣らして戦う狩猟部族だったと伝えられています。アマゾーンは黒海沿岸に住んでいた母系部族を誇張したものともいわれていますが、実際に紀元前9世紀ごろから記録に登場する遊牧騎馬民族のスキタイ人には、少女ともいえる年齢である「13歳の女性の戦士」が存在していたことがDNA検査で判明しました。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/e/1e34a8bb.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/e/1e34a8bb.jpg"></a><br /><br /> The Unique Burial of a Child of Early Scythian Time at the Cemetery of Saryg-Bulun (Tuva) <br /> <a target="_blank" href="https://www.e-anthropology.com/English/Catalog/Archaeology/STM_DWL_QeAy_gDibiVkQf93i.aspx">https://www.e-anthropology.com/English/Catalog/Archaeology/STM_DWL_QeAy_gDibiVkQf93i.aspx</a> <br /> <br /> Scythian Warrior's Genome Analyzed - Archaeology Magazine <br /> <a target="_blank" href="https://www.archaeology.org/news/8802-200617-scythian-mummy-genome">https://www.archaeology.org/news/8802-200617-scythian-mummy-genome</a> <br /> <br /> New DNA Analysis Reveals Ancient Scythian Warrior Was a 13-Year-Old Girl <br /> <a target="_blank" href="https://www.sciencealert.com/new-dna-analysis-reveals-an-ancient-scythian-warrior-was-a-13-year-old-girl">https://www.sciencealert.com/new-dna-analysis-reveals-an-ancient-scythian-warrior-was-a-13-year-old-girl</a> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/2/3/238e55a3.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/2/3/238e55a3-s.png"></a><br /> <br /> <br /> 長年にわたり「女性の戦士」の伝説は単なる想像の産物であると考えられてきましたが、近年では実際に女性の戦士が存在した考古学的証拠が発見されています。2019年末には、ロシア西部で発見された約2500年前に埋葬された2人のスキタイ人戦士たちが女性であることが明らかとなりました。 <br /> <br /> 2人の女性戦士は他の女性たちと共に埋葬されており、副葬品には鉄のナイフや30個を超える矢じり、乗馬用のハーネスなどが含まれていたとのこと。1人は40~50歳ほどで花形の装飾が施された頭飾りをかぶっていて、もう1人は30~35歳ほどの年齢で馬にまたがるような体型で埋葬されていたそうです。 <br /> <br /> ロシア科学アカデミーの考古学研究所に所属する考古学者のValerii Guliaev氏は、「私たちは確かにこの2人が騎馬戦士だったと言うことができます」とコメント。Guliaev氏らの研究チームは、過去10年間で11人もの武装した状態で埋葬された女性を発見しているそうで、女性戦士らに対して男性戦士と同様の埋葬儀礼が行われていたとのこと。 <br /><a target="_blank" title="no title" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/f/7f6550f9.jpg"><img class="pict" hspace="5" alt="no title" border="0" height="270" width="480" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/f/7f6550f9-s.jpg"></a><br /><br /> Guliaev氏らの発見を受けて、別の研究チームは1988年にトゥヴァ共和国で発見されたスキタイ人の戦士に着目しました。ロシア科学アカデミーの考古学者であるVarvara Busova氏は、斧や弓といった通常は男性と共に収められる副葬品が発見されており、ビーズや鏡といった女性と関連付けられる副葬品がなかったことから、この戦士は若い男性だと考えられていたと述べています。 <br /> <br /> この戦士はカラマツ製の棺の中へさまざまな武器と共に収められており、部分的にミイラ化していたとのこと。研究チームが遺体のDNAを検査したところ、なんと遺体は女性であることが判明した上に、年齢も14歳に達していない程度であることもわかりました。少女の戦士は毛皮のコートなどを身に付けており、コートはトビネズミの皮をつなぎあわせて作られていたそうです。 <br /> <br /> 副葬品の放射性炭素年代測定の結果から、この少女は紀元前7世紀~5世紀ごろに埋葬されたとみられていますが、Busova氏の研究チームはこの少女が埋葬された時代をより正確に特定したいと考えています。また、副葬品の復元作業や遺体のCTスキャンを行い、少女の死因についても知ることが可能かもしれないとのこと。 <br /> <br /> 歴史家のエイドリアン・メイヤー氏はスキタイ人に女性戦士が存在した理由について、社会集団としての規模が小さかったからではないかと指摘。「彼らは小さな部族で住んでいたので、部族内の誰もが利害関係者であることは理にかなっています。彼らは全員が防衛と戦争、そして狩猟に貢献しなければなりませんでした」と、メイヤー氏は述べています。 <br /><br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200626-dna-reveals-ancient-scythian-warrior-girl/">https://gigazine.net/news/20200626-dna-reveals-ancient-scythian-warrior-girl/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593230463/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82385051.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82385051" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82385051.html【物理学】半世紀前に提唱された「ブラックホール発電」につながる理論「ペンローズ過程」が実証される [しじみ★]http://science-soku.blog.jp/archives/82375482.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/25(木) 20:15:57.00 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 約半世紀前にアイデアが提唱されたものの実現不可能だとされていたブラックホールを利用した発電方式「ペンローズ過程」につながる理論を、グラスゴー大学の研究チームが実証しました。 <br /> <br /> Amplification of waves from a rotating body | Nature Physics <br /> <a target="_blank" href="https://www.nature.com/articles/s41567-020-0944-3">https://www.nature.com/articles/s41567-020-0944-3</a> <br /> <br /> University of Glasgow - University news - ‘Twisted’ sound experiment helps confirm 50-year-old science theory <br /> <a target="_blank" href="https://www.gla.ac.uk/news/headline_727690_en.html">https://www.gla.ac.uk/news/headline_727690_en.html</a> <br /> <br /> Experiment confirms 50-year-old theory describing how an alien civilization could exploit a black hole <br /> <a target="_blank" href="https://phys.org/news/2020-06-year-old-theory-alien-civilization-exploit.html">https://phys.org/news/2020-06-year-old-theory-alien-civilization-exploit.html</a> <br /> <br /> ペンローズ過程とは、「ブラックホールからエネルギーを取り出す」という仮想的方法です。この方法ではゴミをブラックホールに投入することによってエネルギーが得られると考えられており、ゴミ問題とエネルギー問題を一挙に解決できると目されていましたが、さまざまな技術的課題から「エイリアンにしか実現不可能」とまでいわれていました。 <br /> <br /> グラスゴー大学の研究チームが実証したのは、このペンローズ過程に関連した「ねじれた波を増幅する」というアイデアです。研究チームは、ペンローズ過程や今回行った実験についてわかりやすく解説したムービーを公開しています。 <br /> <br /> Amplification of twisted sound waves <a target="_blank" href="https://youtu.be/ES2VxhRAkUM">https://youtu.be/ES2VxhRAkUM</a><br /><iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/ES2VxhRAkUM" frameborder="0" style="vertical-align:top;" allowfullscreen></iframe><br /> <br /> <br /> イギリスの科学者ロジャー・ペンローズは1969年に「自転するブラックホールからエネルギーを得る方法」を提唱しました。 <br /> この説では、負のエネルギーを持っているとされるブラックホールの外に位置する領域「エルゴ球」に容器に入れたゴミを投下するというもの。投下中にゴミだけをシュバルツシルト面(事象の地平面)に捨てて容器を回収した場合には、質量とエネルギーの等価性によってゴミの質量に応じたエネルギーを得られるとペンローズは考えました。しかしこの方法は光すらも吸い込むブラックホールから容器を取り出す方法が存在しないなどの技術的課題から、あくまで思考実験にとどまりました。 <br /> 1971年、ペンローズのアイデアを引き継いだのがソビエト連邦の科学者ヤーコフ・ゼルドビッチです。ゼルドビッチはブラックホールではなく、高速で回転する金属柱に「ねじれた光波」をぶつければ、ねじれた光波は増幅されうるという説を発表しました。 <br /> この増幅効果は、救急車が近づく時にはサイレンの音が高く聞こえ、遠ざかる時には低く聞こえる「ドップラー効果」の回転版といえる現象によって生じます。 <br /> ゼルドビッチの思考実験では、回転する金属柱とねじれた光波が衝突した際に、通常はドップラー効果によってねじれた光波の周波数が低くなるところが、金属柱が十分な回転速度を持った場合にはねじれた光波の周波数が高くなると考えられました。 <br /> <br /> <br /> この発想は、ペンローズの「ブラックホールからエネルギーを取り出す」という考えに近いものです。 <br /> ゼルドビッチのアイデアは、「金属柱の回転数が秒間10億回転以上に達しなければならない」という問題点があったため、思考実験にとどまりました。しかし、今回研究チームは光波の代わりに音波を使ってゼルドビッチのアイデアを実証しました。 <br /> 実験では、まずリング上にスピーカーを配置し、「ねじれた音波」を生成。 <br /> 生成されたねじれた音波を、回転する吸音材に照射しました。この回転する吸音材が、ゼルドビッチの提唱した高速で回転する金属柱に相当します。 <br /> 吸音材の回転速度を上げたところ、回転速度の上昇に応じてねじれた音波の周波数と振幅が高くなることが確認され、ゼルドビッチのアイデアが実証されました。振幅については、吸音材の回転数次第で元の波の30%も大きくなったとのこと。この増幅に使われたエネルギーは、回転する吸音材から得られたものだと研究チームは説明しています。 <br /> <br /> <br /> なお、実際の実験機材はこんな感じ。以下の画像では、画像中央部に吸音材、その後ろにスピーカーがリング上に配置されています。 <br /> 論文の共著者であるグラスゴー大学のダニエル・ファッチョ教授は「理論が最初に提唱されてから半世紀後に、実験的な検証を達成できたことに感動しています。半世紀前の宇宙起源に関する理論を確認できたというのは奇妙な気がしますが、今回の実験は科学的探求に関して新たな可能性を切り開くものだと考えています」とコメントしています。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200624-prove-generate-energy-from-black-hole/">https://gigazine.net/news/20200624-prove-generate-energy-from-black-hole/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593083757/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82375482.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82375482" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82375482.html【古代】8000年前の謎の杭刺し頭骨、北欧男性の顔を復元 出土時に杭が刺さっていて話題にhttp://science-soku.blog.jp/archives/82375331.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/25(木) 20:07:46.37 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ■出土時に杭が刺さっていて話題に、目や皮膚の色も特定、スウェーデン <br /> <br /> 堂々たる風貌だ。50代くらいだろうか。灰色の立派なひげをたくわえ、イノシシの皮で作った服を着ている。がっしりした胸には石灰で模様が描かれ、遠くにある何かを見つめるように青い目を細めている。「リュドビック」と名づけられたその男は、8000年ほど前の北欧人だ。 <br /> <br />しかし、リュドビックは話せない。まだわかっていないことがたくさんあるだけに、非常に残念だ。 <br /> <br />これは、スウェーデン南部のカナルヨルデンという場所で約10年前に発掘された人骨から初めて復元された顔だ。カナルヨルデンは紀元前6000年ごろの遺跡で、興味深いことに、小さな湖の中心に沈んでいた石壇には、動物や人の骨が何らかの意図をもって並べられていた。 <br /> <br />2018年に発掘に関する論文が公開されると、カナルヨルデンは世界中の注目を浴びることになった。2つの頭骨の中に状態のよい木の杭が入っており、少なくともいくつかの頭骨が杭に刺されていたことを示していたからだ。このようなものが見つかったのは初めてだった。(参考記事:「8000年前の謎の杭刺し頭骨を発見、定説覆す」) <br /> <br /> 「とても魅力的で非常に複雑な遺跡です」と、カナルヨルデンの発掘プロジェクトを指揮したスウェーデン文化遺産財団のフレドリック・ハルグレン氏は述べる。 <br /> <br />顔の復元を依頼したのは、近くにあるムータラという町のシャルロッテンボリ城という博物館だ。17世紀にリュドビック・ビーリッヒ・レーベンハウプ伯爵が建てた城で、リュドビックという名前はこの人物にちなんでいる。復元された顔は23日から博物館で展示されている。 <br /> <br />ムータラの文化余暇局のトップを務めるハンナ・グラフマン氏は、顔が復元されたことで、町の人々は遠い祖先がどんな姿をしていたかを知ることができると述べる。ただし、リュドビックという名前は「実際に石器時代に使われた名前ではありません」と言う。 <br /> <br /> カナルヨルデンは、2009年から2014年にかけて発掘された。北欧の中石器時代を研究する考古学者にとっては、特に魅力的な遺跡だ。この時代は北欧で最後の氷河期が終わった後で、1万1000年前ごろからはヨーロッパ西部や北東部から狩猟採集民が流入してきていた。 <br /> <br />カナルヨルデンの人骨は、北欧の中石器時代によく見られる土葬されたものとは異なっている。紀元前6000年ごろに9人の男女の頭骨が何らかの意図をもって湖に沈められた。頭骨はすべて杭に刺さっていた可能性があり、周辺にはイノシシやクマ、シカ、アナグマなどの動物のあごの骨(頭骨は含まれていない)が置かれていた。 <br /> <br /> 「人間と動物が、象徴的な方法で、まるで互いを補い合っているかのようです」とハルグレン氏は言う。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/d/ad5584da.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/d/ad5584da-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://pbs.twimg.com/media/C5Gex2qW8AAG2Mf?format=jpg">https://pbs.twimg.com/media/C5Gex2qW8AAG2Mf?format=jpg</a> <br /> <br /> ナショナルジオグラフィック日本版サイト <br /> <a target="_blank" href="https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062300375/">https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062300375/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593083266/<br /></span><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82375331.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82375331" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82375331.html錯覚が起きているのは脳ではなく、目の「網膜」という新説http://scinews.blog.jp/archives/23786050.html<div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">しじみ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/24(水) 17:29:48.10 ID:CAP_USER</span></div><br> <div class="t_b" style="font-weight:bold;background-color:#f5f5f5;margin:5px 5px 10px;padding:5px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> →明るさにかかわる錯覚の原理は100年以上研究されている <br /> →脳が錯覚に介在している場合、ありえない錯覚のパターンが見つけ出され、脳の錯覚への介在が疑われる <br /> →実験の結果、明るさの錯覚は脳でなく網膜の単純な神経回路で起きていた <br /> <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/3/e/3efbaf38.png" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/3/e/3efbaf38-s.png" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /> <br /> 上の図は明るさを用いた錯覚を引き起こす典型的なものです。 <br /> <br /> 影の部分にある「B」が描かれたマスは、明るい部分にある「A」と描かれたマスはより明るくみえます。 <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/6/1/61e5039f.png" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/6/1/61e5039f-s.png" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /> <br /> <br /> 「A」マスの右下の濃い色のマスが上下で色合いが変化しているのが錯覚のキーになっている。「A」マスの右下のマスを取り除くと、一気に同じ色にみえてくる/Credit:EdwardH.Adelson(文字はナゾロジー編集部記入) <br /> ですが、周りのマスをはぎ取っていくと、実際は同じ明るさにあることがわかります。 <br /> <br /> 脳を研究する研究者たちは、この錯覚(明るさ、輝度コントラスト)の背後にあるメカニズムを、100年以上にわたって解明しようと努めてきました。 <br /> <br /> しかし、ヒトの認識にかかわる部分は容易に解明できませんでした。 <br /> <br /> 研究者たちはただ漠然と、「脳の調節機能にかかわる高度な働きが関与しているのだろう…」と、考えるしかなかったそうです。 <br /> <br /> ですが新たなMIT(マサチューセッツ工科大学)主導の研究によって、輝度コントラストの錯覚の発生地点は脳ではなく、網膜であることが証明されました。 <br /> <br /> 錯覚は私たちの脳に辿り着く前の段階で、既に起きており、脳は後から認識するに過ぎないというのです。 <br /> <br /> MITの研究者たちは、認識問題の霧をどうやって切り抜けたのでしょうか? <br /> <br /> ■常に影のほうのドットが明るくみえる訳ではない <br /> <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/5/5/5594490f.png" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/5/5/5594490f-s.png" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /> <br /> 画像をみると、まず脳は画像の各位置の明るさを特定します。 <br /> <br /> しかしながら、この特定は画像から発せられる光量に比例するとは限りません。 <br /> <br /> 私たちの知覚は、特定の場所の色の濃さを、その場所を照らしている光の量とかけあわせて認識するからです。 <br /> <br /> そのため、上の図のように、影の場所にある明るいドット(右上と左下)に認識力を多く注いだ場合、明るい場所にある暗いドット(左上と右下)よりも、明るくみえる錯覚を起こします(実際には左右のドットは同じ色)。 <br /> <br /> 反対に、明るい場所にある暗いドット(左上と右下)に認識力を多く注いだ場合、影の場所にある明るいドット(右上と左下)がより明るくみえてしまいます。 <br /> <br /> 問題は「そのかけあわせが何処で行われているか?」になります。 <br /> <br /> 錯覚の研究が盛んにおこなわれるようになった19世紀から現在に至るまで、このかけあわせは脳で行われると考えられてきました。 <br /> <br /> 脳の明るさの調節を行う高度な働きが、錯覚をうみだしたと考えていたからです。 <br /> <br /> しかし、この説には不可解な点がありました。 <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/6/c/6cae813f.png" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/6/c/6cae813f-s.png" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /> <br /> <br /> なぜなら、上の図のような「影の方のドットが暗くみえる」逆パターンが存在したからです。 <br /> <br /> 「だからどうした?」 <br /> <br /> と、思われるかもしれませんがMITの研究者たちは、これは重要かつ決定的な事実だと考えました。 <br /> <br /> というのも「影の方のドットが明るくみえる」ように脳が介入をかけているなら、本来、逆は起こらないはずです。 <br /> <br /> しかし、逆がある。 <br /> <br /> すなわち、明るさの判断には脳の介在そのものが無い可能性が出てきたのです。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a href="https://nazology.net/archives/63082" target="_blank">https://nazology.net/archives/63082</a> </div><br /><br> <!-- Generated by まとめくす (<a href="http://2mtmex.com/">http://2mtmex.com/</a>) --><br> 引用元: <a href="http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592987388/">http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592987388/</a> <a href="http://scinews.blog.jp/archives/23786050.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=7735752&name=vegetables42-scinews&pid=23786050" width="1" height="1" />http://scinews.blog.jp/archives/23786050.html【新型コロナ】「新型コロナウイルスに感染すると健康な人でも糖尿病を発症する可能性がある」と研究者が指摘http://science-soku.blog.jp/archives/82368295.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/24(水) 17:42:36.07 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は発症した人が必ずしも重症化するわけではなく、高齢者や慢性疾患を抱える人が特に重症化しやすいことが判明しています。血糖値を抑制するインスリンが十分に働かず、高血糖状態が引き起こされてしまう糖尿病もCOVID-19が重症化する要因の一つと見られていますが、新たに各国の著名な学者たちが「新型コロナウイルスによって健康な人が糖尿病になってしまう可能性がある」と指摘しています。 <br /> <br /> New-Onset Diabetes in Covid-19 | NEJM <br /> <a target="_blank" href="https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2018688">https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2018688</a> <br /> <br /> Coronavirus could trigger diabetes in previously healthy people <br /> <a target="_blank" href="https://theconversation.com/coronavirus-could-trigger-diabetes-in-previously-healthy-people-140886">https://theconversation.com/coronavirus-could-trigger-diabetes-in-previously-healthy-people-140886</a> <br /><br /> ヨーロッパやアメリカ、オセアニア、アジア、アフリカの研究者らは、2020年6月12日にNew England Journal of Medicineで発表した声明で、「COVID-19と糖尿病の間には双方向的な関連があります」と指摘。糖尿病がCOVID-19の重症化リスクを高める一方で、COVID-19の患者が血糖値をコントロールする能力を失い、インスリンの投与が必要となる可能性があるとのこと。 <br /> <br /> 糖尿病には主に2つのタイプが存在します。1型糖尿病は、何らかの影響で自身の免疫細胞がすい臓のβ細胞を破壊してしまい、β細胞がインスリンを分泌できずに血糖値が上昇してしまうという自己免疫疾患が原因の病気です。一方、2型糖尿病は不摂生な食生活や食べすぎなどが原因でインスリン分泌の量やインスリンの効力が低下し、結果として高血糖状態になってしまいます。 <br /> <br /> このうち、1型糖尿病はウイルスの感染によって引き起こされる可能性があることが長年にわたって知られています。ウイルスの感染によって慢性的な免疫反応が引き起こされ、インスリンを分泌するβ細胞が破壊されてしまうと考えられているとのこと。また、1型糖尿病はいくつかのウイルス感染症と同様に、発症が季節性であることも指摘されています。 <br /><br /> COVID-19以前にも、2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原体であるSARSコロナウイルスに感染した患者が、他の肺炎では見られない急性の糖尿病を発症する事例が報告されていました。2009年の研究では、SARSコロナウイルスの感染によって糖尿病を発症した人の多くは3年以内に糖尿病の症状が治まったものの、10%はその後も糖尿病を患い続けたとのこと。 <br /> <br /> 新たに流行している新型コロナウイルスは、SARSコロナウイルスと同様の方法で細胞に侵入しています。いずれのウイルスも、表面にあるスパイクタンパク質と呼ばれる突起が、人間の肺や腎臓、すい臓などの細胞に豊富なアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体と結合して感染します。この際、ウイルスがすい臓に入ると炎症を起こして正常な細胞機能が破壊され、インスリンを分泌して血糖値を調節する能力が失われて糖尿病を発症してしまう可能性があるそうです。 <br /> <br /> すでに中国では、新型コロナウイルスに感染したことによって急性の糖尿病を発症し、インスリンの欠乏によって引き起こされる糖尿病性ケトアシドーシスになってしまった症例が報告されています。 <br /><br /> しかし、記事作成時点では新型コロナウイルスと糖尿病の発症に関するデータが乏しいため、新型コロナウイルスが糖尿病を引き起こすかどうかは断言できないとのこと。また、新型コロナウイルスによって引き起こされるかもしれない糖尿病が、1型糖尿病なのか2型糖尿病なのか、それとも新しいタイプの糖尿病なのかも不明です。新型コロナウイルスと糖尿病の発症については、今後のデータ収集が必要不可欠とのことです。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200623-coronavirus-trigger-diabetes-healthy-people/">https://gigazine.net/news/20200623-coronavirus-trigger-diabetes-healthy-people/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592988156/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82368295.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82368295" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82368295.html【新型コロナ】WHO、ステロイド薬デキサメタゾン増産を呼び掛け コロナ重症患者の死亡率低減http://science-soku.blog.jp/archives/82359224.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/23(火) 19:19:48.56 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 【6月23日 AFP】世界保健機関(WHO)は22日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症患者の死亡率を低下させる効果を示している安価なステロイド薬、デキサメタゾンを急きょ増産するよう呼び掛けた。 <br /> <br />WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、英国での臨床試験の結果が先週発表されたことを受けてデキサメタゾンの需要はすでに急増しているが、増産は可能だと確信していると述べた。 <br /> <br />臨床試験は英オックスフォード大学(Oxford Unversity)のチームが主導で行ったもので、新型コロナウイルス感染症の患者約2000人にデキサメタゾンを投与したところ、最も重症の患者の死亡率が35%低下したという。 <br /> <br />WHO本部からテレビ会見したテドロス氏は、「まだ予備段階のデータだが、ステロイド薬デキサメタゾンに新型コロナウイルス感染症の重症患者の命を救う可能性があるという最近の発見は、われわれが切望していた祝福に値する理由をもたらした」「次の課題はデキサメタゾンを増産し、最も必要としているところに重点を置きながら、世界中に迅速かつ平等に分配することだ」と述べた。 <br /> <br />さらにテドロス氏は、重症患者が多数いる国を優先する必要があるとしつつ、「粗悪品や偽造品が出回るリスクが高い」ため、供給側は品質を保証する必要があると警告した。 <br /> <br />WHOではデキサメタゾンの使用は厳重な臨床的管理の下、重篤および重症患者のみを対象に行うべきだと強調している。一方、「軽症患者への効果や予防効果があるという証拠はなく、危険を及ぼす可能性がある」とテドロス氏は警告した。&nbsp;<br /><br /> <a target="_blank" href="https://www.afpbb.com/articles/-/3289805">https://www.afpbb.com/articles/-/3289805</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592907588/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82359224.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82359224" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82359224.html【新型コロナ】WHO事務局長「パンデミックが加速と認識」世界で新たに18万人感染 1日あたり最多http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23772638.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">しじみ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/23(火) 18:51:10.38 ID:CAP_USER<br /><a href="https://livedoor.blogimg.jp/katasumisokuhou/imgs/d/9/d93228ee.png" title="2234CC33-39B9-4D43-AD92-A61C9E3184F5" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/katasumisokuhou/imgs/d/9/d93228ee-s.png" width="480" height="270" border="0" alt="2234CC33-39B9-4D43-AD92-A61C9E3184F5" hspace="5" class="pict"></a><br />&nbsp;</span></div> <div class="t_b"> WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は19日、世界全体で新型コロナウイルスの1日当たりの新たな感染者の数が、これまでで最も多くなったことを明らかにし、パンデミックが加速しているという認識を示しています。 <br /> <br /> このうち、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、アメリカの感染者は日本時間22日午後6時点で、累計で228万969人に上り、世界で最も多くなっています。 <br /> <br /> 1日当たりの感染者の数については、ことし4月、多い時で3万6000人を超えましたが、その後、減少傾向にありました。 <br /> <br /> しかし、今月20日の時点でおよそ3万2500人の感染が確認されるなど、再び増加傾向にあります。 <br /> <br /> 感染者が急増している州の多くは、比較的早い時期に経済活動を再開していて、専門家からは再開が早すぎたとする指摘が出ています。 <br /> <br /> また、世界で感染者が2番目に多いブラジルでは、22日午後6時時点で108万3341人に上り、累計で100万人を超えました。 <br /> <br /> 1日当たりの感染者の数は、19日の時点で5万4000人を超え、ここ数日、急増しています。 <br /> <br /> 最大都市のサンパウロなど多くの都市で、3月中旬から経済活動が段階的に再開されていて、専門家の間では、経済活動が次々と再開されていることに懸念の声があがっています。 <br /> <br /> また、インドでも1日当たりの感染者の数は、増加傾向が続いています。 <br /> <br /> このところ、1日当たりおよそ1万5000人の感染が確認されていて、累計の感染者は22日午後6時時点で42万5282人に上っています。 <br /> <br /> 背景には、今月からは商店や飲食店の営業が本格的に再開したことに加え、国内線の運航をはじめ、公共交通機関も順次、再開し、人の移動や接触が大幅に増えていることなどが挙げられます。 <br /> <br /> ■インド 1日当たりの新規感染者数が増加傾向続く <br /> <br /> インドは感染拡大が抑えられない中、落ち込んだ経済の回復を優先し、3月下旬に始めた外出制限を段階的に緩和していて、今月からは商店や飲食店の営業も本格的に再開しました。 <br /> <br /> また国内線の運航をはじめ、公共交通機関も順次再開していて、人の移動や接触が大幅に増えたことが影響し、1日当たりの新規感染者数も増加傾向が続き、感染のピークはまだ先だとみられています。 <br /> <br /> 特に、首都ニューデリーや商業都市ムンバイなどの都市部で感染が広がっていて、医療体制もひっ迫しつつあります。 <br /> <br /> NHKニュース <br /> <a href="https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200622/k10012479981000.html" target="_blank">https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200622/k10012479981000.html</a> </div><br /><div style="text-align: right;"><span style="font-size: 68.75%; color: rgb(153, 153, 153);">引用元:<a href="http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592905870/0-">&nbsp;http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592905870/</a></span></div><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23772638.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=7648270&name=katasumisokuhou&pid=23772638" width="1" height="1" />http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/23772638.html【研究】彗星が引き起こした核爆弾級の大爆発で古代人の集落が滅亡していたことが判明http://science-soku.blog.jp/archives/82352897.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/22(月) 19:41:34.72 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 現在のシリアに位置する古代遺跡テル・アブ・フレイラには、1万3000年以上前に穀物を栽培した痕跡が見られ、「人類最古の農業の例」とされています。そんな遺跡が、隕石により発生した爆発で滅亡していた可能性が高いことが、研究により明らかとなりました。 <br /> <br /> Evidence of Cosmic Impact at Abu Hureyra, Syria at the Younger Dryas Onset (~12.8 ka): High-temperature melting at <span class="anchor" style="color: mediumblue;">&gt;&gt;2200</span> °C | Scientific Reports <br /> <a target="_blank" href="https://www.nature.com/articles/s41598-020-60867-w">https://www.nature.com/articles/s41598-020-60867-w</a> <br /> <br /> Cosmic impact caused destruction of one of world's earliest human settlements -- ScienceDaily <br /> <a target="_blank" href="https://www.sciencedaily.com/releases/2020/03/200306183153.htm">https://www.sciencedaily.com/releases/2020/03/200306183153.htm</a> <br /> <br /> A Comet May Have Destroyed This Paleolithic Village 12,800 Years Ago | Science | Smithsonian Magazine <br /> <a target="_blank" href="https://www.smithsonianmag.com/science-nature/comet-upended-life-paleolithic-village-12800-years-ago-180974575/">https://www.smithsonianmag.com/science-nature/comet-upended-life-paleolithic-village-12800-years-ago-180974575/</a> <br /> <br /> シリア北部を流れるユーフラテス川のそばには、かつてテル・アブ・フレイラという遺跡がありましたが、ユーフラテス川の氾濫を食い止めるための巨大ダム建設により、1973年にアサド湖の底に沈みました。ダム完成に先駆けて行われた発掘調査では、旧石器時代と新石器時代という2つの異なる時期の集落跡が発見されています。 <br /><br /> 同じ場所にあった2つの時代の集落跡のうち、旧石器時代にあたる1万2800年前の遺跡からは、家屋の一部や道具とともに穀物などの食料の痕跡が見つかっていたことから、この遺跡はちょうど人類が農業を始めたころのものだと考えられています。また、遺跡からは動物の骨などに混じって火災があったことをうかがわせるような痕跡も発見されていました。 <br /> <br /> ロチェスター工科大学の考古学者であるアンドリュー・ムーア氏は、「1973年にテル・アブ・フレイラを発掘した時に、この地域で激しい火災があったことが分かりました」と話しています。遺跡で発見された火災の痕跡の中には、普通の火災でも発生する木炭や微小粒子のほかに、溶融ガラスや極小サイズのダイヤモンドも見つかっています。これらは、当時の人類が起こすことのできる火では形成されないことから、落雷や火山噴火などの自然現象が原因ではないかと見られました。 <br /> <br /> 以下は、テル・アブ・フレイラで見つかった溶融ガラスの粒の画像です。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/9/9936bef7.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/9/9936bef7-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/4/a422ae49.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/4/a422ae49-s.jpg"></a><br /> <br /> <br /> その後の調査により、溶融ガラスが帯びる磁気が少ないことが分かったため、落雷の影響は否定されました。また、含水率が低いという特徴が隕石衝突によって作られるテクタイトと一致していたことから、ムーア氏らの研究チームは、「遺跡から見つかった溶融ガラスは、火山などではなく隕石に伴うエアバースト(空中爆発)によるもの」と結論付けました。 <br /> <br /> ムーア氏は、溶融ガラスが発生した状況について「土壌に含まれる鉱物が溶融するには、最低でも1720~2200度は必要になります」と述べました。また、共著者であるジェームス・ケネット氏は「これほどの高温下では、自動車でも1分足らずで金属の水たまりになってしまいます」とコメントしました。 <br /><br /> ケネット氏は、溶融ガラスがテル・アブ・フレイラの集落全体で見られることから、隕石によるエアバーストはテル・アブ・フレイラのすぐそばで発生したと考えています。当時の様子についてケネット氏は「テル・アブ・フレイラの村は突然破壊されたに違いありません」と話しました。テル・アブ・フレイラを滅亡させたエアバーストは、核爆弾に匹敵する破壊力で、直下にある土壌や植物を一瞬で気化させたと考えられています。 <br /> <br /> さらに、研究チームによると、テル・アブ・フレイラが位置する地域は、中東や北米大陸、ヨーロッパにまたがるヤンガードリアス境界層(YDB)と呼ばれる地層が存在する範囲の中にあるとのこと。このYDBからは、テル・アブ・フレイラで見つかったものと似た隕石の痕跡が見つかっているほか、ちょうどテル・アブ・フレイラが1万3000年前には大規模な寒冷化が起きていることも分かっています。こうした証拠から、テル・アブ・フレイラを滅亡させたエアバーストは単一の隕石などによって引き起こされたのではなく、断片化した彗星によって引き起こされた可能性があるとのこと。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200622-ancient-syrian-town-comet/">https://gigazine.net/news/20200622-ancient-syrian-town-comet/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592822494/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82352897.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82352897" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82352897.html【研究】4年間で2万回超の奇妙な群発地震、ついに謎を解明 米国カリフォルニアhttp://science-soku.blog.jp/archives/82352870.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/22(月) 18:53:04.42 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ■断層の推移を克明に描き出すことに成功、原因は「流体」、米国カリフォルニア <br /> <br /> 2016年初頭、何の前触れもなく、南カリフォルニアで静かな群発地震が始まった。地震は毎日起こるわけではなく、そのほとんどが人間にはわからないほど小さな揺れだったが、何カ月たっても終息せず、回数は増えていった。 <br /> <br />2018年の春には毎月数千回の小さな地震が発生するようになり、ランプが揺れるほどの地震も発生して、近くの町の住民を不安にさせた。4年間に発生した地震は2万2000回以上にのぼったが、発生源は謎に包まれていた。 <br /> <br />この群発地震をこれまでで最高の分解能で調べた科学者チームがその原因を特定し、6月19日付けで学術誌「サイエンス」に論文を発表した。 <br /> <br /> 今回の分析では、コンピューターアルゴリズムを用いて小さな地震が発生した場所と時間を明らかにし、蜘蛛の巣のように広がる断層破砕帯(断層の運動によって岩石が壊れて砕けた部分)沿いの群発地震活動の推移を驚くほど詳細に描き出した。完成した地図は、断層系に何らかの液体が自然に流入したことで群発地震が引き起こされたことを示している。 <br /> <br />この研究は、世界各地で観測されているほかの群発地震にも液体が関与している可能性を示唆しており、地質学者が大小の地震の基礎となる物理過程をよりよく理解するのに役立つ可能性がある。また、今回の手法は世界の地震解析技術の向上に役立つことが期待される。地震のリアルタイム観測技術も向上するかもしれない。 <br /> <br /> 「信じられないほど詳細に描き出されています」と、プエルトリコ大学マヤグエス校のプエルトリコ地震ネットワークの地震学者エリザベス・バナコア氏は称賛する。「地震学がこれから進んでゆく方向を示す、最先端の研究だと思います」 <br /> <br /> ■大きな地震とは異なる群発地震の経過 <br /> <br />米ワシントン大学の海洋地震学者エミリー・ローランド氏によると、断層に沿った破砕帯はかつては単純な構造だろうと思われていたが、「実際には非常に複雑な場所」だという。褶曲(しゅうきょく)している断層もあれば、地中で交差している断層もある。今回調べられた断層破砕帯は、数キロにわたって広がる地下の迷宮を作り上げていた。 <br /> <br />実は、研究者たちは2017年まで、この群発地震に気づかずにいた。彼らの注意を喚起したのは、好奇心の強い市民が南カリフォルニア地震ネットワークに送ってきたメールだった。メールの差出人は、人がほとんど住んでいない場所で小さな地震が頻発していることについて知りたいと情報を求めていた。 <br /> <br />論文の筆頭論者である米カリフォルニア工科大学の地球物理学者ザカリー・ロス氏は、「この地域をざっと見ただけでは、特別なことは何もないように思われました」と言う。非常に活発なサンジャシント断層帯から約16kmのところに位置するため、しばしば小さな揺れを感じるのだ。しかし、この地域の地震記録をよく見てみると、何かあるはずだというメールの差出人の指摘が正しかったことがわかった。この人物がメールを出す約1年前の2016年から、米国先住民であるカウィーア族(カフイラ族)の居留地の端に沿って、小さな群発地震が発生していたのだ。 <br /> <br />こうした小さな群発地震の発生パターンは、大きな地震とは異なっている。大きな地震では激しい本震の後に一連の余震が発生するが、余震の規模は徐々に小さくなり、頻度も下がって、その期間はだいたい予想できる。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/d/5da2ce20.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/d/5da2ce20.jpg"></a><br /><br /> ナショナルジオグラフィック日本版サイト <br /> <a target="_blank" href="https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062200369/">https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062200369/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592819584/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82352870.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82352870" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82352870.html【研究】宇宙服なしで宇宙空間に放り出されると人間の体はどうなるのか?http://science-soku.blog.jp/archives/82344931.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/21(日) 18:23:53.71 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 国際宇宙ステーション(ISS)などに搭乗する宇宙飛行士は、宇宙飛行の間ずっと船内にとどまっているわけではなく、時には宇宙空間に出て船外活動を行う場合もあります。そんな場合に着用するのが宇宙空間で安全に生存・活動することを可能にする宇宙服ですが、「宇宙服を着ていない状態で宇宙空間に放り出されたら人間はどうなるのか?」という疑問について、サイエンス系メディアのZME Scienceが解説しています。 <br /> <br /> What would happen to humans exposed to the vacuum of space without a spacesuit? <br /> <a target="_blank" href="https://www.zmescience.com/science/what-happens-human-space-052523/">https://www.zmescience.com/science/what-happens-human-space-052523/</a> <br /> <br /> 広くささやかれている説の中には、「生身で宇宙空間に放り出されると人間の体は爆発する」「宇宙空間では一瞬にして血液が沸騰し、蒸発して死亡する」といったものがあります。また、そういったシーンを描いたSF映画もありますが、実際に宇宙服を着ない状態で宇宙空間に飛び出してしまったとしても、人間の体が爆発したり血液が沸騰したりはしないそうです。 <br /><br /> 普段の生活で意識することはほとんどないものの、地球で暮らす人間の体は常に大気圧で押されており、体内の圧力がそれを押し返すことでバランスを保っています。しかし、宇宙空間は真空状態であることから、地球上では当たり前に存在する大気圧が存在しません。そのため、宇宙空間へ宇宙服などの保護なしで飛び出すと、急激な減圧状態に陥ります。 <br /> <br /> 「宇宙空間に飛び出すと人間の体が爆発する」という説は、この急激な減圧によって連想されたものです。しかし、ZME Scienceによると人間の皮膚は非常に柔軟かつ丈夫であるため、大事な組織や臓器をこぼすことなく減圧にしたがって膨張できるとのこと。 <br /> <br /> だからといって急激な減圧による影響は小さなものではなく、組織内の水分が急激に蒸発することで体が膨張する苦しみや、腸内の空気が膨張することによる心臓や横隔膜の圧迫、減圧症などを引き起こします。加えて、肺から急激に空気が抜けることにより、肺や気道の組織に損傷が生じる可能性もあるそうです。 <br /><br /> 生身で宇宙空間に飛び出した人間を直接的に死に至らしめるのは、酸素の欠乏だといわれています。とはいえ、宇宙空間に飛び出した際に酸素を少しでも使わないようにと考え、息を止めることは「実行できる限り最悪の行動」だとのこと。宇宙空間で息を止めると空気の泡が血中に入り込んで脳に到達して脳卒中を引き起こすか、圧力の変化に伴って肺が破裂してしまうそうです。 <br /> <br /> しかし、たとえ息を止めなかったとしても酸素はすぐに不足してしまいます。運がよければ宇宙空間に出てからも15秒程度は意識がある可能性があるとのことですが、それ以降は意識を失い、2分ほどで全身の臓器が酸素不足になって死に至ります。 <br /> <br /> 過去にはいくつかの「真空あるいは急激な減圧にさらされてしまった事故」の事例があります。1965年にジョンソン宇宙センターで発生した事故では、真空チェンバー内に入った技術者が誤って減圧してしまい、12~15秒ほどで息を失ったとのこと。27秒後に真空チェンバー内が再加圧され、この技術者は意識を取り戻し、事故後4日ほどは味覚を喪失したものの無事に回復したそうです。1982年の事故では、技術者が大気圧のわずか3.6%に相当する低圧環境に1分間さらされてしまい、肌が青くなって肺から出血するなどの事態に陥りました。この男性も、事故後に無事回復したそうです。 <br /> <br /> また、ISSが太陽に面している時の外部温度はおよそ121度、太陽が地球にさえぎられている時の外部温度はおよそマイナス157度であるため、宇宙空間では「温度」も人間の生命を脅かすものに思えます。しかし、宇宙には空気がないため、人体に空気を通して熱が伝わったり、対流によって熱が伝達されたりすることもありません。宇宙空間で熱が伝わる唯一の方法は放射しかありませんが、放射で熱が伝わるには時間がかかるため、熱によって死ぬ前に酸素の欠乏で死亡するだろうと、ZME Scienceは指摘しました。 <br /><br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200619-humans-exposed-space-without-spacesuit/">https://gigazine.net/news/20200619-humans-exposed-space-without-spacesuit/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592731433/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82344931.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82344931" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82344931.html【医学】若者の血を輸血するのではなく「血液を希釈」することで若返り効果が得られるかもしれないという研究結果http://science-soku.blog.jp/archives/82330512.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/19(金) 17:02:41.05 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 人間は古くから「若返り」や「不老不死」を求めてさまざまな探求を行ってきましたが、近年では「若い人の血には若返り効果がある」という報告を基にして、「若者の血を輸血して若返る」ことを目的としたビジネスも展開されています。そんな中、血液と若返りの効果について調べているカリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、「血液を『希釈』するだけで若返り効果が得られる」という研究結果を発表しました。 <br /> <br /> Aging | Rejuvenation of three germ layers tissues by exchanging old blood plasma with saline-albumin <br /> <a target="_blank" href="https://www.aging-us.com/article/103418">https://www.aging-us.com/article/103418</a> <br /> <br /> Diluting blood plasma rejuvenates tissue, reverses aging in mice | Berkeley News <br /> <a target="_blank" href="https://news.berkeley.edu/2020/06/15/diluting-blood-plasma-rejuvenates-tissue-reverses-aging-in-mice/">https://news.berkeley.edu/2020/06/15/diluting-blood-plasma-rejuvenates-tissue-reverses-aging-in-mice/</a> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/6/969103ee.png"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/6/969103ee-s.png"></a><br /><br /> 2005年、カリフォルニア大学バークレー校のイリーナ・コンボイ教授らの研究チームは、2匹の年齢が違うマウスの血管をつなぎ、2匹の血液がお互いの体を自由に行き来できるようにする実験を行いました。その結果、年齢が高い老いたマウスの組織が若返り、老化を逆転できるという驚くべき事実が判明。この発見をきっかけとして、多くの研究者らが「若者の血液には若返り効果がある特別なタンパク質または分子が含まれているのではないか」と考え、研究をスタートしたとのこと。 <br /> <br /> しかし、2005年の研究が過度に注目を集めた結果、「若者の血液に若返り物質がある」という単なる予想が一人歩きしてしまったとコンボイ教授は指摘。その後もコンボイ教授の研究チームは実験を続けており、2016年には「若いマウスの血液そのものに若返り効果はなく、老いたマウスの血液中にある何らかの物質が老化を引き起こしている可能性がある」ことを示す研究結果を発表しています。 <br /> <br /> 2016年の研究結果から、コンボイ教授は加齢に伴う特定のタンパク質の蓄積が組織の維持や修復を阻害するのであり、2匹のマウスを結合したことによる若返り効果は、老いたマウスの血液が希釈されたことによる影響ではないかと考えたそうです。そこで、コンボイ教授の研究チームは老いたマウスでも若いマウスでもなく、「中立的な年齢の血液」としてアルブミン入りの生理食塩水を用いる実験を行いました。 <br /> <br /> 研究チームが行った新たな実験では、老いたマウスの血漿の半分を、5%のアルブミンを含んだ生理食塩水に置き換えて経過を観察したとのこと。この作業ではマウスの血漿に含まれていたタンパク質が単にアルブミンに置き換えられただけでしたが、老いたマウスでは脳や肝臓、筋肉といった組織が若返っていることが確認されました。 <br /> <br /> さらに研究チームは若いマウスでも同様の実験を行いましたが、特に若いマウスの健康に悪影響が及ぶことはなかったそうです。また、血漿の半分をアルブミン入りの生理食塩水に置き換えたことによる若返り効果は、2匹のマウスを血管でつないだ場合と同等か、それ以上のものだったと研究チームは報告しています。 <br /><br /> 血液の希釈によって老いたマウスの健康が大幅に改善したことを確認した後、研究チームは若返ったマウスの血液中のタンパク質を分析するプロテオーム解析を実施。その結果、老いたマウスの血液では血漿交換によって年齢と共に上昇する炎症性タンパク質の濃度が減少すると同時に有益なタンパク質の数値が増えており、血漿交換が若返り効果をもたらしていたとのこと。同様の効果は、血漿交換療法が実施された人間の血液でも確認されたそうです。 <br /> <br /> 今回の発見により、若返りには「若者の血液に含まれる何らかの若返り物質」ではなく「老人の血液に含まれる何らかの老化物質」が関与しており、それを取り除くことで若返りが可能となる見方が優勢となりました。コンボイ教授は、「若い血液や何らかの因子は若返り効果に必要ありません。古い血液の希釈で十分です」と述べました。 <br /> <br /> 血漿成分に含まれる病因物質を除去する血漿交換療法は、すでにアメリカ食品医薬品局(FDA)によって承認されており、グッドパスチャー症候群やギラン・バレー症候群、全身性エリテマトーデスといった自己免疫疾患を治療するために使用されています。 <br /> <br /> 論文の共著者であるDobri Kiprov氏は、「人々が『若者の血漿には若返り物質が含まれている』というアイデアを諦めるにはしばらく時間がかかるでしょう」と指摘しつつも、今回の研究結果が老化だけでなく、自己免疫疾患に関連する血漿交換療法の研究を盛り上げることを願っていると述べました。 <br /><br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200619-diluting-blood-plasma-reverses-aging/">https://gigazine.net/news/20200619-diluting-blood-plasma-reverses-aging/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592553761/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82330512.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82330512" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82330512.html【新型コロナ】19年夏に発生していた可能性 米ボストン大学とハーバード大学研究http://science-soku.blog.jp/archives/82325019.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/19(金) 01:46:02.72 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 中国・武漢(Wuhan)市内の病院の訪問者数、および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状に関する同市からのインターネット検索数の急増から、2019年8月には新型コロナウイルスの流行が始まっていた可能性があることが分かった。米ボストン大学(Boston University)とハーバード大学(Harvard University)の研究チームの予備調査で示唆された。 <br /> <br />査読のある専門誌にはまだ掲載されていない今回の研究論文は、比較的新しい分野である「デジタル伝染病学」に基づいている。 <br /> <br />ボストン大のイレーン・ゾイジー(Elaine Nsoesie)氏率いる研究チームは、2018年1月から2020年4月に撮影した武漢市の衛星写真111枚を分析。また、中国のインターネット検索エンジン百度(Baidu)で特定の症状が検索された頻度も調べた。 <br /> <br />研究チームによると、武漢市内の病院の駐車場に止められた車の数が「2019年8月から急増し始め」、その数は「2019年12月にピークを迎えた」という。 <br /> <br />また百度については、「せき」の検索数は例年のインフルエンザの流行に合わせて増加していたため、よりCOVID-19に特有の症状とされる「下痢」の検索数を調べた。この結果、8月に増加がみられたことが分かった。これはこれまでのインフルエンザの流行時期にはみられなかった現象であるとともに、せきの検索データとも異なったという。 <br /> <br />COVID-19では呼吸器の症状が最も一般的とされているが、今回の研究は下痢が「市中感染において重要な役割を果たした可能性がある」と示唆している。 <br /> <br />研究チームは、今回のデータが新型コロナウイルスと明確に関連していることは確認できなかったが、別の研究結果を支持するものであると結論付けている。著者らは「今回の調査結果は新型コロナウイルスが中国南部で自然発生し、武漢市で集団感染が起こった時には既に広まっていた可能性があるとする仮説を裏付けるものである」と指摘している。<br /> <br /> <a target="_blank" href="https://www.afpbb.com/articles/-/3287535">https://www.afpbb.com/articles/-/3287535</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592498762/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82325019.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82325019" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82325019.html【IT】ソニーPS5にみる物理メディアの終焉http://science-soku.blog.jp/archives/82324999.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/17(水) 17:52:45.40 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ソニー・インタラクティブエンタテインメントが次世代ゲーム機「プレイステーション5」(PS5)の外観や開発タイトルを発表した。ゲームコンソールは、5年は一線級の製品として、10年は現役で販売される商品。長期的なプラットフォームとしての役割が与えられるという点で、スマートフォンやタブレット、PCなどとは異なる設計が求められる。その商品設計から今後数年のトレンドがうかがえる。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/5/15c6a9a1.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/5/15c6a9a1-s.jpg"></a><br /><br /> かつてゲームコンソールにはPCとは全く異なるCPUやGPUが使われていた。その最も進化した形はPS3の「CELL Broadband Engine」だったが、PS4になるとAMDのプロセッサに置き換えられ、GPUのアーキテクチャを含めて、PCと類似するシステムへと移行した。ライバルの米Microsoft「Xbox」も同様だ。 <br /> <br />ゲームコンソールはPCに近づいたが、決定的に異なるのはPCが自由に選べるプラットフォームでユーザーごとに異なるハードウェア構成であることだ。対してゲームコンソールは、たとえx64アーキテクチャでGPUもPCと共通だったとしても、サウンド系システムやゲームコントローラーなどの周辺機器、ユーザーインタフェースを含めて“フォーマット”として作り込まれる。ゲーム開発者は、ターゲットになるハードウェアが明確であるため、そのハードウェアを活用して最適なユーザー体験が得られるように作り込める。 <br /> <br />これは以前ならCPUやGPU、メモリなどのハードウェアをしゃぶり尽くすという意味だったが、PS5ではその定義をさらに拡張した。PS5は、3Dグラフィックで構成される現代のゲームにとって重要な大量の“データ”を、データストレージであるSSDからCPU、GPUが使うメモリに至るまで一貫して広帯域につなぎ、ゲーム体験のレベルを引き上げようとしている。 <br /> <br /> <br /> ■新しい10年を意識した時の「コストのかけどころ」 <br /> <br /> ディスプレイとなるテレビ受像機は、新しいものなら4K解像度も当たり前になった。PS5では8K対応したことも話題になったが、本来のターゲットは「4Kで快適かつ最適な画質でゲームが楽しめること」だろう。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/b/2/b23a0126.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/b/2/b23a0126-s.jpg"></a><br /><br />ここでのハードルは、なんといっても3Dグラフィックをレンダリングするためのモデリングデータとテクスチャーデータ。これらの容量を増やさなければ画質を高めることはできないが、大量のテクスチャーデータを保持し続けられるメモリを積むことはコスト的に難しい。 <br /> <br />これまでのゲームコンソールなら、あの手この手でメモリを節約するのだが、PS5の場合はアプローチが違った。超高速SSDを用意し、システム全体のデータ転送速度に“最低保証”を付けることでゲーム中に必要なデータをローディングしても支障のない設計になっているという。 <br /> <br />3Dグラフィックの質だけでなく、ゲームを楽しむ際のボトルネックとなっていた問題に対して正面から向き合ったのがPS5といえる。PCにも類似するアーキテクチャだが、こうしたゲーム体験の向上に特化した作り込みは、ゲーム専用機ならではの部分だ。 <br /> <br /> ■ゲーム流通の変化 <br /> <br /> (中略) <br /><br /> PS5は最大100Gバイトの容量を持つ3層BD(UHD Blu-rayと物理的には同じ)に対応しているが、ディスクから大量のデータを高速に読み出せるわけではない。光ディスクから情報を読み出しながら実行していた古き良き時代はとっくの昔に終わった。 <br /> <br />PS5に搭載される容量825GBのSSDは、実転送速度で毎秒5.5GB。これはPS4の内蔵ストレージと比べて100倍程度速い。一方でUHD-BDの転送速度は128Mbpsにすぎない(等倍速の場合)。PS5搭載のドライブが何倍速か分からないが、回転速度を上げると騒音も大きくなるため、転送速度の向上は期待しにくい。 <br /> <br />ビデオゲームを遊ぶ仕組みとして、光ディスクや昔のカセットが分かりやすいことは確かだ。しかし、人々の価値観は常に変化している。これからゲームに親しむ人たちは、生まれたときからネットがあって当たり前の世代だ。物理メディアを重視することはないだろう。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /><br /> <a target="_blank" href="https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/17/news056.html">https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/17/news056.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592383965/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82324999.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82324999" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82324999.html【宇宙】36の知的文明が銀河系内で交信?、英研究チームが算出http://science-soku.blog.jp/archives/82312146.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/17(水) 07:00:10.33 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> (CNN) 銀河系内には積極的な交信を行っている36の知的文明が存在している可能性がある――。そんな研究結果が15日の天体物理学会誌に発表された。 <br /> <br /> 宇宙にいるのは我々だけではないかもしれない。ただし他の文明が存在していること、あるいは存在していたことを、地球人が知ることはないかもしれない。 <br /> <br /> かつてこうした計算は、天文学者のフランク・ドレイクが1961年に提唱した「ドレイク方程式」を使って行われていた。しかし英ノッティンガム大学の研究チームは、銀河系誕生の歴史や地球型惑星存在の可能性などを盛り込んだ「宇宙生物学コペルニクス原理」と呼ばれる独自の方程式を開発した。 <br /> <br /> この方程式を使って計算した結果、銀河系内で交信を行っている知的文明の推計は36と算出した。 <br /> <br /> ただしそうした文明同士の距離は平均でおよそ1万7000光年。現在の地球の技術を使ってそうした信号を検知したり、送信したりすることは、ほぼ不可能とされる。 <br /> <br /> 「地球外知的文明の探求は、生命がどのように形成されるかを明らかにするだけでなく、我々の文明がどのくらい長く続くかの手掛かりを与えてくれる」と研究者は指摘している。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://www.cnn.co.jp/fringe/35155361.html">https://www.cnn.co.jp/fringe/35155361.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592344810/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82312146.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82312146" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82312146.html男性が女性より大きくなる理由が判明。 ダーウィンの説は間違っていた?http://matometanews.com/archives/1980224.html1 : <span style="color:green;">しじみ ★</span>[sage] :2020/06/14(日) 19:55:51.08 ID:CAP_USER.net<br><b><blockquote style="border:2px outset #dddddd;padding:12px;background:url(http://goo.gl/h1j3LE)repeat;">→男性が女性より大きくなる理由は、「エストロゲン」という女性ホルモンにあった<br>→エストロゲンの分泌量のピークが女性で早く、男性で遅いことが成長期間の違いを生んでいた<br><br>人の平均身長は、世界各国で違いますが、どの社会でも男性が女性より大きくなる傾向が見られます。<br><br>こうした男女間の体格差は、暗黙の内に理解されていながら、その明確な理由は分かっていませんでした。<br><br>イギリスの著名な自然科学者であるチャールズ・ダーウィンは、1871年の著書『人間の由来』の中で、「男女間の体格差は、性淘汰が主な原因である」と述べています。<br><br>性淘汰とは、異性をめぐる争いを通して生じる進化のこと。<br><br>つまりダーウィンは、女性をめぐる争いの中で、体が大きく頑丈な男性が勝ち残り、その遺伝子が脈々と男性の子孫に受け継がれたと主張します。<br><br>しかし、米・ロードアイランド大学の最新研究により、まったく別の生物学的理由が浮上しました。<br><br>それによると、男女間の体格差は、「エストロゲン」という女性ホルモンが真の原因だったようです。<br><br>■女性の成長ピークが男性より数年早い<br><br>(省略)<br><br>全文<br><a href="https://nazology.net/archives/62129" target="_blank"> https://nazology.net/archives/62129</a><br><img src="https://livedoor.blogimg.jp/booq/imgs/b/0/b07f2485.jpg" vspace="5" hspace="1" /></blockquote><br><br><br><div class="reprint">転載元スレッド:<a href="http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592132151/" target="_blank">http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592132151/</a></div></b><br /> <a href="http://matometanews.com/archives/1980224.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=2857207&name=booq&pid=1980224" width="1" height="1" />http://matometanews.com/archives/1980224.html【医学】うつ病の「引き金」物質を確認 疲労やストレスで増加http://science-soku.blog.jp/archives/82301223.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/15(月) 17:14:43.55 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 過労や強いストレスが、なぜうつ病を引き起こすのか。この謎の答えの鍵を握るウイルス由来のたんぱく質を、東京慈恵会医大の研究チームが確認した。このたんぱく質はうつ病の発症リスクを大幅に高めるといい、このたんぱく質の存在が確認された人は、そうでない人に比べ12・2倍うつ病になりやすかった。研究チームはうつ病の血液検査法の開発や発症の仕組みを調べる手がかりになると期待している。 <br /> <br />慈恵医大の近藤一博教授(ウイルス学)らは長年、疲労とウイルスの関係を調べ、疲労が蓄積すると唾液(だえき)中に「ヒトヘルペスウイルス(HHV)6」が急増することを突き止めていた。 <br /> <br />HHV6は、赤ちゃんの病気である突発性発疹の原因ウイルスで、ほぼ全ての人が乳幼児期に感染し、以降ずっと、体内に潜伏感染している。 <br /> <br />普段は休眠しているが、体が疲れると、HHV6は目覚め「弱った宿主から逃げだそう」と、唾液中に出てくる。その一部が口から鼻へ逆流する形で、においを感じる脳の中枢「嗅球(きゅうきゅう)」に到達し、再感染を起こしていた。 <br /> <br />近藤教授らは、再感染すると、嗅球で「SITH(シス)1(ワン)」というたんぱく質が作られ、この働きで脳細胞にカルシウムが過剰に流れ込み、死んでいくことを培養細胞やマウスの実験で突き止めた。さらに、嗅球の細胞死によって、記憶をつかさどる海馬での神経再生が抑制されていた。 <br /> <br />ストレス状態に置かれたマウスが、状況から逃げる行動をあきらめるまでの時間を計る「うつ状態モデル」とされる実験では、嗅球でこのたんぱく質が作られるようにしたマウスは通常のマウスより早くあきらめ、抗うつ剤を与えると、通常マウス並みに戻った。 <br /> <br />また、計166人の血液で、このたんぱく質があることの証明になる「抗体」を調べるとうつ病患者の8割で確認され、量も健常人に比べ、うつ病患者で極めて多かった。 <br /> <br />これらの結果から、研究チームは、過労やストレスからうつ病が発症する経緯を(1)過労などでHHV6が唾液に出る(2)嗅球に再感染し、SITH1を作る(3)SITH1によって嗅球や海馬などで脳細胞の状態が激変する(4)意欲減退などが起きる――という流れではないかと推論している。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/e/5ea3174d.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/e/5ea3174d.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://news.yahoo.co.jp/articles/82ad6000d953fe70c3cee162ef60e33ceb9cb8e3">https://news.yahoo.co.jp/articles/82ad6000d953fe70c3cee162ef60e33ceb9cb8e3</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592208883/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82301223.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82301223" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82301223.html【研究】新たな盗聴の手段として「電球の振動」から音声を復元する技術が報告されるhttp://science-soku.blog.jp/archives/82301199.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/15(月) 16:47:21.76 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ターゲットがいる部屋の中にカメラや盗聴器を設置することなく、遠く離れた位置から電球の振動を測定することで、部屋内の会話や音を盗聴できるシステム「Lamphone」がネゲヴ・ベン=グリオン大学のセキュリティ研究者であるベン・ナッシ氏らの研究チームによって報告されています。 <br /> <br /> Lamphone <br /> <a target="_blank" href="https://www.nassiben.com/lamphone">https://www.nassiben.com/lamphone</a> <br /> <br /> Spies Can Eavesdrop by Watching a Light Bulb's Vibrations | WIRED <br /> <a target="_blank" href="https://www.wired.com/story/lamphone-light-bulb-vibration-spying/">https://www.wired.com/story/lamphone-light-bulb-vibration-spying/</a> <br /> <br /> Lamphoneは、ノートPC・望遠鏡・センサーを使って数十メートル離れた場所の音をリアルタイムで聞くことが可能なシステムで、設備に掛かるコストは1000ドル(約10万円)ほどです。電球のガラス表面で発生した小さな振動から音を復元でき、「室内の機器をハッキングしたり、機材を設置したりする必要なく、電球の位置を特定するだけで室内のあらゆる音を取り出せます」とナッシ氏は述べています。 <br /> <br /> ナッシ氏らが行った実験では、電球をつるした部屋から約25メートル離れた場所に望遠鏡を設置し、望遠鏡の接眼レンズに電球の振動を捉えるセンサーとなるフォトディテクタ、PDA100A2を取り付けました。部屋の中で音楽をかけたり音声を再生したりすると、センサーが電球から振動の値を取得し、リアルタイムでPC上に復元された音声が出力されます。今回使用されたセンサーは、電球の数百ミクロンの振動も検出可能とのこと。 <br /> <br /> 以下の画像が実際に実験が行われた場所で、電球をつるした部屋(Victim's room)から25メートル離れた歩道橋の一角に望遠鏡を設置(Eavesdropper)しています。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/d/9db8988b.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/d/9db8988b-s.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/4/3/43350493.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/4/3/43350493-s.jpg"></a><br /><br /> 部屋内で再生した「We will make america great again」という音声を電球の振動から復元した音声は、以下のムービーで3分20秒頃から確認できます。 <br /> <br /> Lamphone: Real-Time Passive Sound Recovery from Light Bulb Vibrations - YouTube <br /> <a target="_blank" href="https://youtu.be/t32QvpfOHqw">https://youtu.be/t32QvpfOHqw</a><br /><iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/t32QvpfOHqw" frameborder="0" style="vertical-align:top;" allowfullscreen></iframe><br /> <br /> <br /> また、部屋内で流したビートルズの「Let it be」を復元した音声などを以下のサイトから試聴できます。 <br /> <br /> Lamphone <br /> <a target="_blank" href="https://www.nassiben.com/lamphone">https://www.nassiben.com/lamphone</a> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/1/a1dd6589.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/a/1/a1dd6589-s.jpg"></a><br /><br /> ナッシ氏らの報告によると、音声を復元できたのはつり下げ式の電球のみで、天井や壁に固定された電球から音声が復元できるかどうかは未検証とのこと。また、実験で音声や音楽を再生した際のスピーカー音量は最大であったため、小声での会話を電球の振動から検出できるかどうかは明らかになっていません。ナッシ氏らの研究チームは、今回の実験では比較的安価な機材を使用したため、より細かな振動を検出できる高価な機材を使用すれば小さな声の会話も電球の振動から復元できる可能性があると主張しています。 <br /> <br /> スタンフォード大学の電気工学および暗号学教授のダン・ボネ氏は、ナッシ氏の研究は実用性のあるサイドチャネル攻撃に応用できる技術であると指摘。ボネ氏は「つり下げ式の電球と大音量の音が必要だとしても、電球の振動による音声の復元が可能であることが示されたのは初めてのことです。将来的にこの手法は徐々に改良されていくでしょう」とコメントしています。 <br /> <br /> ナッシ氏は、「Lamphoneはスパイ活動においてかなり実用的に使用することができます」と明言しています。スパイ活動に有用であることを踏まえた上で研究を公表した理由は、「スパイや法執行機関を有利にするためではなく、監視する側とされる側の双方に、どんな技術が使用可能なのかを明らかにするため」とナッシ氏は述べており、「私たちは、盗聴のツールを提供するゲームには参加していません。あらゆる種類の攻撃を知り、攻撃に対する意識を高めるべきです」とコメントしています。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://gigazine.net/news/20200615-lamphone-side-channel/">https://gigazine.net/news/20200615-lamphone-side-channel/</a> </div><span style="font-size: 81.25%;"><br />引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592207241/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82301199.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82301199" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82301199.html【動物】ヘビも友達をつくる、「動物の友情」に新研究http://science-soku.blog.jp/archives/82292566.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/14(日) 19:38:17.94 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ■一緒に過ごす仲間に明確な好み <br /> <br />ヘビに対して、冷たい、孤独といったイメージをもつ人は多いかもしれない。だが、その考えは誤りのようだ。少なくとも、ガーターヘビに関しては。 <br /> <br />ガーターヘビは、カナダの平野部からコスタリカの森林地帯にかけて生息する、毒をもたないヘビ。今回新たな研究で、このヘビが一緒に過ごす仲間には明確な好みがあることが判明した。つまり、彼らには「友達」がいるのだ。 <br /> <br /> 「あらゆる動物は、他者と交流する必要があります。もちろんヘビも」と、カナダ、ウィルフリッド・ローリエ大学の行動生態学を専攻するモーガン・スキナー氏は話す。今回の研究リーダーを務めた同氏は、トウブガーターヘビ(Thamnophis sirtalis sirtalis)の性格と社交性を評価するため、新しい実験を考案した。 <br /> <br />その結果、「ヘビも人間のように社会的接触を求め、親しくする相手について選り好みする」ことを明らかにし、2020年4月に学術誌「Behavioral Ecology and Sociobiology」に発表した。 <br /> <br /> ■「動物は友をつくる」が一般的に <br /> <br />ヘビが親しい友達をつくると聞くと、意外に感じる人がいるかもしれない。だが、こうした関係は、フラミンゴからコウモリやゾウまで、動物界全体で見られることがわかってきている。例えば、ナミチスイコウモリに関する最近の研究では、コウモリも人間のように条件付きの友好関係を築くことが示された。(参考記事:「フラミンゴも長年の親友をつくる、生き残り戦略か」) <br /> <br />30年ほど前に比べると今は、動物の友好関係を発見しやすくなっている。社会がこの概念を受け入れるようになり、データを収集・分析するためのツールがはるかに進歩したからだ。「この数十年で飛躍的な進歩を遂げたのです」と論文の共著者でスキナー氏の指導教官でもある、比較心理学者ノーム・ミラー氏は話す。 <br /> <br />実際、動物の社交性に関する研究が多く行われるようになり、人間以外の動物にも「友達」という言葉を使うことが、今では一般的になった。 <br /> <br /> ■1つの部屋に集うヘビ <br /> <br />ミラー氏とスキナー氏は、野生で捕獲したトウブガーターヘビのメスが産んだ30匹と、ブリーダーから購入した同じ親から生まれた10匹の、計40匹のトウブガーターヘビの子どもを用いて研究を行った。 <br /> <br />研究室の実験台を壁で囲い、その中に小さな出入口を開けたプラスチックの部屋を4つ置いた。その中へ、印をつけたヘビをオスとメスを合わせて10匹入れた。10匹のヘビに対して部屋は4つしかないため、10匹のヘビはグループを作らざるを得ない状況になる。 <br /> <br /> 8日間、午前7時から午後7時のあいだ、5秒ごとに囲いの中の様子をカメラで記録し、ヘビの動きを追跡した。さらに、1日に2回、グループを作ったヘビたちの写真も撮影した。その後、一度すべてのヘビを取り出し、掃除をして匂いを消したあと、再び囲いの中へヘビを戻した。ただし、取り出した時とは異なる場所に、だ。 <br /> <br />だが、ヘビにはお気に召さなかったようだ。スキナー氏が置いた場所にはとどまらず、前のように小さな部屋の中で3〜8匹のグループを作り直した。しかも、前に一緒にいた特定のヘビを探し出したのだ。 <br /> <br /> 「ヘビは、高度な社会的認知能力を持っています」とミラー氏は付け加える。「個々を識別できるのです」 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/0/10c6b729.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/0/10c6b729-s.jpg"></a><br /> <br /> <br /> Garter snakes being social <a target="_blank" href="https://youtu.be/A6UVfIg6hAE">https://youtu.be/A6UVfIg6hAE</a><br /><iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/A6UVfIg6hAE" frameborder="0" style="vertical-align:top;" allowfullscreen></iframe><br /> <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/051600298/">https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/051600298/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592131097/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82292566.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82292566" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82292566.html【宇宙開発】ホリエモンロケット「MOMO5号機」 エンジン緊急停止で海に落下、宇宙に到達せずhttp://scinews.blog.jp/archives/23672279.html<div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">しじみ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/14(日) 07:25:50.01 ID:CAP_USER</span></div><br> <div class="t_b" style="font-weight:bold;background-color:#f5f5f5;margin:5px 5px 10px;padding:5px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> 北海道大樹町のベンチャー企業が開発した新たなロケットが14日朝に打ち上げられましたが、エンジンが緊急停止し、ロケットは宇宙空間に到達しませんでした。 <br /> <br /> 大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は、新たなロケット「MOMO5号機」を14日午前5時15分に町内の発射場から打ち上げました。 <br /> <br /> 会社によりますと、ロケットは打ち上げからおよそ1分後にエンジンが緊急停止し、海上に落下したということです。 <br /> <br /> 初期の解析では到達した高度はおよそ11キロで、宇宙空間には到達できなかったとしています。 <br /> <br /> 映像からもロケットは上昇の途中に姿勢が傾いたあと、海に向かって落下していく様子が確認できました。 <br /> <br /> 「MOMO5号機」は全長10メートル、直径50センチで、去年7月に打ち上げた4号機と同じ大きさです。 <br /> <br /> 5号機をめぐってはことし1月、通信系統のトラブルのため打ち上げが延期されていて、会社では部品の交換など機体を改修したうえで今回の打ち上げに臨んでいました。 <br /> <br /> このロケットの打ち上げは今回で5回目で、去年5月に打ち上げた3号機は高度100キロの宇宙空間に達しましたが、それ以外は目標の高度に到達していませんでした。 <br /> <br /> 会社はこのあと記者会見を開いて今回の打ち上げの状況について説明することにしています。 <br /> <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/1/5/15bd9c61.jpg" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/vegetables42-scinews/imgs/1/5/15bd9c61-s.jpg" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /> <br /> <br /> ■(5:15打上げ予定)「えんとつ町のプペル MOMO5号機」打上げ(現地中継)IST Sounding Rocket MOMO F5 Launch <br /> <a href="https://youtu.be/0eMeSGx-m1M?t=3712" target="_blank">https://youtu.be/0eMeSGx-m1M?t=3712</a><br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/0eMeSGx-m1M?t=3712" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe><br /> <br /> <br /> NHKニュース <br /> <a href="https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200614/k10012469911000.html" target="_blank">https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200614/k10012469911000.html</a> </div><br /><br> <!-- Generated by まとめくす (<a href="http://2mtmex.com/">http://2mtmex.com/</a>) --><br> 引用元: <a href="http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592087150/">http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1592087150/</a> <a href="http://scinews.blog.jp/archives/23672279.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=7735752&name=vegetables42-scinews&pid=23672279" width="1" height="1" />http://scinews.blog.jp/archives/23672279.html【環境】世界「人の影響が及んでいない土地」マップ、科学者が公開http://science-soku.blog.jp/archives/82278095.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/12(金) 12:48:37.80 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> ■4つのモデルを統合、私たちは地球のどこを守るべきか <br /> <br />地上で最も「手つかず」の土地を示した地図を、科学者が作成した。すなわち人間の影響が最も及んでいない土地を示した地図だ。6月5日付の科学誌「グローバル・チェンジ・バイオロジー」に論文が発表された。 <br /> <br /> 「農業やインフラ整備、開拓などによって変化させられていない土地は、世界のどこにあるのか。この地図に答えがあります」と、論文の共著者の一人である米メリーランド大学ボルチモアカウンティ校の地球生態学者、アール・エリス氏は言う。「そうした土地については見解がほぼ一致しています」 <br /><br /> 論文によると、今回発表された地図は、それぞれ異なる指標を用いる4つのモデルを統合することで人間が影響する地域を浮き彫りにした。 <br /> <br />4つのモデルは、どれも人口や市街地、耕作地といったデータを用いている点は同じだが、そこから先はモデルごとに特徴がある。 <br /> <br />第1のモデル「Global Human Footprint index(人間のフットプリント)」では、道路や鉄道の線路、船の航路、夜間照明、牧草地なども利用して、人間のほぼいない場所を特定する。 <br /> <br /> 「Anthropogenic Biomes project(人間が影響した生物群系)」モデルでは、人が暮らすことによって変化した生態系をそれぞれ分類して地図化している。例えば、アフリカの遊牧民が中程度の密度で暮らす地域を「居住者のいる放牧地」に分類するといった具合だ。 <br /> <br /> 「Global Human Modification(人間による改変)」地図と「Low Impact Areas(影響の少ない地域)」地図は、人がいない場所を特定する試みとして、最近作られたものだ。どちらも家畜密度のデータを利用しているが、前者は採鉱やエネルギー生産も考慮し、後者は保護地域や森林伐採のデータも取り込んでいる。 <br /> <br />それぞれこのような努力を続けていた研究者が集まり、互いの地図がどれだけ一致するかを調べたところ、多くの部分が重なることがわかった。 <br /> <br />すべての地図で一致しているのは、地球の陸地のおよそ半分で「人間の影響が少ない」こと。どの地図も、おおむね同じ場所を「影響が少ない」と区分している。 <br /> <br />これは驚くには当たらないと、研究者らは言う。この区分に該当するのはほとんどが、北米とユーラシア大陸のツンドラや北方林か、砂漠のような暑い地域だからだ。 <br /> <br />いずれの地図も、人間が現在引き起こしている変化に注目しているため、変化が過去のものとなっている地域は「影響が少ない」に区分されている。 <br /> <br />例えば、アマゾンの熱帯雨林は、何世紀にもわたって多くの人が住み、慎重に管理していたことが、考古学的研究と生態学的調査によって明らかになりつつある。野焼きによって生じた灰の層や、人間が植林したことが明らかなアサイーやカカオなどの森が残っているのはそのためだ。しかし、現在これらの森には大規模な耕作地やインフラがないため、今回の地図ではアマゾンの大部分が「影響が少ない」に分類されている。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/8/1823f157.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/1/8/1823f157.jpg"></a><br /> <br /> <a target="_blank" href="https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/060900345/">https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/060900345/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1591933717/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82278095.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82278095" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82278095.html【宇宙開発】レーザーで宇宙ごみを撃ち落とす人工衛星、スカパーが開発へ JAXAや理研も協力 26年の実用化目指すhttp://science-soku.blog.jp/archives/82270977.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/12(金) 02:27:58.58 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> デジタル衛星放送「スカパー!」などを運営するスカパーJSATは6月11日、レーザーで不用衛星などの宇宙ごみ(スペースデブリ)を除去する人工衛星の設計・開発に着手すると発表した。打ち上げた衛星からレーザーを発射し、宇宙ごみに照射して軌道を変え、大気圏に再突入させて除去するという。開発に向けては、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や理化学研究所などと連携し、「持続可能な宇宙環境」の実現を目指す。 <br /> <br />2026年の商用サービス化が目標。大量の小型衛星を打ち上げ、大規模な衛星システムを構築するメガコンステレーション事業者や、各国の宇宙機関の需要を見込む。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/f/7ff2c595.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/7/f/7ff2c595-s.jpg"></a><br /><br />同社の福島忠徳さん(デブリ除去プロジェクトリーダー)によると、宇宙ごみの問題は年々深刻化しており、20年時点で1mm以上の宇宙ごみは約1億3090万個存在するという。これらは時速約2万7000kmの速さで移動しているため、1mm~1cmの宇宙ごみが衝突するだけでも他の衛星を破壊する恐れがある。 <br /> <br />1989年の通信衛星「JCSAT-1号」打ち上げ以降、30年以上にわたって衛星通信事業に携わるスカパーJSATは、これを解決すべき環境問題と認識。同社の米倉英一社長は「スペースデブリは避けて通ることのできない環境問題」「宇宙の持続利用への関心を集めたい」と話した。 <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/6/7/67ac2a0a.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/6/7/67ac2a0a-s.jpg"></a><br /><br />開発には理化学研究所、JAXA、名古屋大学、九州大学が参加。スカパーはサービス開発全体の指揮を執り、理化学研究所が衛星のシステム、JAXAがレーザーシステムの開発を担う。名古屋大学はレーザーの照射方法の研究、九州大学は宇宙ごみの回転運動の研究に取り組む。 <br /> <br />実際の除去では、物体にレーザーを当てた際、表面物質がプラズマとともに放出される「レーザーアブレーション」現象を利用する。宇宙ごみに微弱なレーザーを照射し続けることで、プラズマ放出による推力を与えて大気圏まで移動させるという。 <br /> <br />福島さんは、除去手段としてレーザーを選んだ理由を「(除去する側の衛星が)宇宙ごみと直接接触する必要性も、除去される側の衛星に設計変更を加える必要性もなく、安全で低コストであるため」と説明した。レーザー自体の力はごく微弱なため、万が一狙いを外しても「ぼやけた光が当たるだけ」という。そのため、衛星に兵器としての側面はなく、保有することが国際問題などにつながる可能性は低いという。 <br /> <br />現時点では実用化に向けた法整備が間に合っておらず、現行法上では商用サービスとして提供するのが難しい状況だが、これから宇宙法の専門家に相談し、26年までに解決する方針だ。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/11/news146.html">https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/11/news146.html</a> </div><span style="font-size: 81.25%;"><br />引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1591896478/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82270977.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82270977" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82270977.html【研究】隕石衝突で生命誕生? 40億年前再現、アミノ酸(生命の素)できたhttp://science-soku.blog.jp/archives/82270948.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span> <span style="color: gray;"> 2020/06/11(木) 19:26:22.22 ID:CAP_USER</span></div> <div style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;" class="t_b"> 約40億年前の地球にあった二酸化炭素と窒素、水、鉄に秒速1キロの超高速で金属をぶつけることで、生命誕生に欠かせないアミノ酸をつくることに東北大などの研究チームが成功した。太古の地球に隕石(いんせき)が衝突して生命が生まれたとする仮説を強める結果という。論文は8日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(<a target="_blank" href="https://www.nature.com/articles/s41598-020-66112-8">https://www.nature.com/articles/s41598-020-66112-8</a>別ウインドウで開きます)に発表された。 <br /> <br />隕石の衝突を模した実験は過去にもアミノ酸ができた例があったが、太古にわずかしかなかったアンモニアなどを材料にしていた。今回はありふれた材料からグリシンとアラニンという2種類のアミノ酸ができており、隕石の高温・高圧で化学反応が進むことを初めて示せたという。 <br /> <br />東北大の古川善博准教授(地球化学)らは、二酸化炭素と窒素などを容器に入れて太古の地球を再現し、別の金属片をぶつけて衝撃を与えた。地球に生命が生まれたとされる約40億年前は、前後2億年ほどの間に大量の隕石が降り注いだと考えられている。古川さんは「この時に生命の材料が大量に生成され、生命誕生のきっかけになったのかもしれない」と話した。 <br /> <br /> <a target="_blank" href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/6/964ca392.jpg"><img hspace="5" border="0" class="image pict" alt="no title" src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/9/6/964ca392-s.jpg"></a><br /><br /> 朝日新聞デジタル <br /> <a target="_blank" href="https://www.asahi.com/articles/ASN68660NN65ULBJ00L.html">https://www.asahi.com/articles/ASN68660NN65ULBJ00L.html</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1591871182/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82270948.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82270948" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82270948.html【生態】サメと巨大イカが対決、初の証拠、前代未聞http://science-soku.blog.jp/archives/82262417.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span>&nbsp;<span style="color: gray;">2020/06/10(水) 17:53:30.50 ID:CAP_USER</span></div> <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> 米ハワイ諸島沖の深海で、サメが巨大なイカと格闘した。相手はダイオウイカかもしれない。 <br /> <br />体長2メートルのヨゴレ(Carcharhinus longimanus)というサメの体表に、巨大な触腕によるゴルフボール大の吸盤の傷跡が残されていたのだ。 <br /> <br />これは、ダイオウイカあるいは水深300メートル以上の深海に生息する大型のイカとサメが対決したことを示す、初の科学的な証拠だと研究者たちは言う。 <br /> <br />深海へ潜るマッコウクジラとダイオウイカの闘いはよく知られているものの、サメが巨大な頭足類と対決しているという証拠はこれまでなかった。 <br /> <br /> ■偶然撮影された写真がきっかけ <br /> <br />始まりは2019年の夏。写真家ディーロン・バーベック氏がハワイ島西岸のコナ沖で、体の側面に白い点が線路のように並んだサメを見かけた。科学者たちが傷跡を基にサメの個体識別を行うことを知っていた氏は、数枚の写真を撮影した。 <br /> <br />その後、写真をパソコンに取り込み、点を拡大して見たところ、大きな環状の吸盤の跡だとわかって驚いたという。 <br /> <br /> 「なんだこれは、すごい! と思いました」。そこで氏は、フェイスブックに写真をアップロードした。 <br /> <br />米フロリダ国際大学のサメ生態学者ヤニス・パパスタマティウ氏は、この写真を見て、直ちにバーベック氏に連絡を取った。 <br /> <br /> 「すぐに写真を削除して! これは誰も見たことがないものなんだ、と言われました」とバーベック氏は回想する。 <br /> <br /> パパスタマティウ氏らは、6月3日付けで学術誌「Journal of Fish Biology」に発表した論文で、このサメとイカが対決した証拠について記述している。このような跡を残せる大型のイカは数種類いるため、実際にどの種のイカだったのかは不明だ。しかし、同氏が言うには「かなり大きなものだったはずです」 <br /> <br />こうした発見は特に、フカヒレ漁により絶滅を危惧されているヨゴレの保全に役立つ。例えば、ヨゴレが深海で採食を行っているようだとわかれば、どの海域を保護すればよいのかを政策立案者に提案することができる。 <br /> <br /> ■知られざる深海の闘い <br /> <br />パパスタマティウ氏は、1枚の写真に基づいて結論を下すことは困難だと注意を促す。「何よりも残念なのは、何が起こったのかを実際に見られなかったことです」 <br /> <br />サメとイカという捕食者同士が行き合って小競り合いが起こったとも考えられる。だが同氏は、どちらかと言えばサメがイカを捕食しようとして追いかけたのではないかと考えている。 <br /> <br /> 米マサチューセッツ大学アマースト校の博士課程で海洋生物学を専攻するグレース・キャッセルベリー氏も、サメが大きなイカと対決したという話を聞いたこともなければ、サメに吸盤の跡が付いているのを見たこともないと言う。なお、氏は今回の論文には関わっていない。 <br /> <br />傷跡が付いたサメは多いが、「何が傷を付けたのかを特定できるケースは多くありません」と氏は言う。「肌の傷跡だけからそうした関係を記述できる今回のケースは、とても素晴らしいです」 <br /> <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/4/5/454d7bbd.jpg" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/4/5/454d7bbd-s.jpg" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /><br /> 続きはソースで <br /> <br /> ナショナルジオグラフィック日本版サイト <br /> <a href="https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/060900344/" target="_blank">https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/060900344/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1591779210/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82262417.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82262417" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82262417.html【研究】悪口の鎮痛作用「クソッ」などの悪態をつくだけで痛みへの耐性が上がることが判明http://science-soku.blog.jp/archives/82262260.html<div class="t_h">1: <span style="font-weight: bold; color: green;">名無しさん</span>&nbsp;<span style="color: gray;">2020/06/10(水) 04:19:40.13 ID:CAP_USER</span></div> <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> うっかり熱い物に触れてしまったり足を家具にぶつけたりして痛みを感じた際に、思わず「クソッ」などと汚い言葉を口にしてしまった経験がある人もいるはず。<br />そんな「悪態をつくことと痛みの関係」についての研究結果から、「Fワードをつぶやくことで痛みへの耐性が上がる」「悪口の鎮痛作用は人によって異なる」といったさまざまなことが判明しています。 <br /> <br /> Frontiers | Swearing as a Response to Pain: Assessing Hypoalgesic Effects of Novel “Swear” Words | Psychology <br /> <a href="https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2020.00723/full" target="_blank">https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2020.00723/full</a> <br /> <br /> Pain Experiment Shows There Really Is Something Soothing About Saying The 'f' Word <br /> <a href="https://www.sciencealert.com/saying-the-f-word-really-does-make-things-seem-to-hurt-less-pain-experiment-shows" target="_blank">https://www.sciencealert.com/saying-the-f-word-really-does-make-things-seem-to-hurt-less-pain-experiment-shows</a> <br /> <br /> The F-word’s hidden superpower: Repeating it can increase your pain threshold | Ars Technica <br /> <a href="https://arstechnica.com/science/2020/06/the-f-words-hidden-superpower-repeating-it-can-increase-your-pain-threshold/" target="_blank">https://arstechnica.com/science/2020/06/the-f-words-hidden-superpower-repeating-it-can-increase-your-pain-threshold/</a> <br /> <br /> The science of why bad words feel so good during painful moments | CBC Radio <br /> <a href="https://www.cbc.ca/radio/quirks/the-science-of-why-bad-words-feel-so-good-during-painful-moments-1.5589136" target="_blank">https://www.cbc.ca/radio/quirks/the-science-of-why-bad-words-feel-so-good-during-painful-moments-1.5589136</a> <br /> <a href="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/c/5c27a405.png" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/tamadoras-science_soku/imgs/5/c/5c27a405-s.png" alt="no title" class="image pict" border="0" hspace="5"></a><br /><br /> 多くの人が痛みを感じた時に思わず悪態をついてしまった経験を持っており、経験的に「悪口を言っていると痛みが紛れる」と感じている人も少なくありません。<br />しかし、実際に悪態をつくことと痛みの感覚についての研究をする人は少ないとのこと。そんな悪口と痛みの研究についての第一人者が、イギリスのキール大学で心理学講師を務めるリチャード・スティーブン氏です。 <br /> <br /> スティーブン氏は、出産中の妻が汚い言葉を吐いていることに関心を持ち、「悪態をつくことで痛みが緩和されるのか?」という謎を研究することに決めたそうです。2009年の研究では、氷水に手を浸した人々が悪態をつくと手に感じる痛みが軽減され、より強い痛みに耐えることができるようになることを示しました。このユニークな研究は多くの人々から注目を集め、スティーブン氏は2010年のイグ・ノーベル平和賞を受賞しました。 <br /> <br /> また、その後に行われた研究では「普段はあまり悪態をつかない人の方が、悪態をつくことによる鎮痛作用が大きい」ことも判明しました。悪態をつくことによって痛みが緩和されるのは英語圏の人々に限らず、日本人を対象にした研究ではFワードの代わりに「クソ」という言葉が用いられましたが、やはり「クソ」とつぶやくことで痛みの許容範囲が広がることが確かめられたとのこと。 <br /><br /> 新たな研究で、スティーブン氏は大学院生のオリー・ロバートソン氏と共同して、Fワードの代わりに「架空の汚い言葉」を使った実験を行いました。実験では研究チームが92人の被験者らに対し、「3~5度という非常に冷たい温度に保たれた氷水に手を浸して可能な限り痛みに耐える」というタスクを与え、被験者の心拍数を測定しました。 <br /> <br /> このタスクを遂行する間、被験者らは3秒に1回の間隔でそれぞれ決まった単語をつぶやきました。つぶやく言葉は「Fワード」「中立的な単語(例:『solid』など)」「fouch(架空の悪口)」「twizpipe(架空のユーモラスな言葉)」のうち1つで、fouchとtwizpipeは研究チームがこの実験のために作り出した架空の単語でした。研究チームによると、fouchは悪口を意図した単語であり、twizpipeはユーモラスなニュアンスを意図した単語だとのこと。 <br /> <br /> 実験の結果、架空の悪口をつぶやいた人は中立的な単語と同程度の痛みにしか耐えられませんでしたが、Fワードをつぶやいた人は痛みを感じるしきい値が32%、痛みへの耐性が33%上昇したことが判明。ロバートソン氏は、「氷水に手を入れて悪態をついた場合、そうでない場合と比較して18秒も長く冷たい水に耐えることができました」と述べ、実際にこの恐ろしい体験を18秒間も耐えなければならないのは大変だと指摘しています。 <br /><br /> 一体なぜ悪態をつくことが痛みへの耐性を上昇させるのかについては不明な点が多く、「通常は言うことが禁止されているワードをつぶやくことで戦うか逃げるか反応がオンになり、アドレナリンが分泌されるため」「ストレスの後に悪態をつくことで脳がリラックスするため」といった複数の仮説があるとのこと。 <br /> <br /> 続きはソースで <br /> <br /> <a href="https://gigazine.net/news/20200609-f-word-increase-pain-threshold/" target="_blank">https://gigazine.net/news/20200609-f-word-increase-pain-threshold/</a> </div><br /><span style="font-size: 81.25%;">引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1591730380/</span><br /><br /><!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) --> <a href="http://science-soku.blog.jp/archives/82262260.html">続きを読む</a> <img src="https://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=6774433&name=tamadoras-science_soku&pid=82262260" width="1" height="1" />http://science-soku.blog.jp/archives/82262260.html